スタッフブログ

シラタマホシクサ

このページを印刷する

2016年12月12日

11月の東山植物園にて、シラタマホシクサが開花しており、珍しさから、スタッフ思わず撮影してしました。

絶滅危惧種であるシラタマホシクサは、名古屋市にある八竜緑地に自生しており、現在は「八竜湿地を守る会」が中心となり保全されております。

八竜緑地では一部に湿地が広がり、シラタマホシクサが秋になると開花し、まさに白玉の星々をちりばめた様な光景になります。
image imageimage

その他、愛知では豊橋の葦毛湿原でもシラタマホシクサは自生しています。
とても可憐なお花です。
みなさまも機会があれば是非一度、ご覧頂けたらと思います。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ