スタッフブログ

ひな人形のおりがみ

このページを印刷する

2017年3月3日

image 

日本において、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事、雛祭り。
女の子がいる家庭では、この日にひな人形を飾り、白酒や桃の花を供えてお祝いします。

日本には平安時代を起源とする「五節句」という行事があり、季節の節目に身の穢れを祓い、健康長寿や厄除けを願う風習がありました。
3月3日は「上巳の節句(じょうしのせっく)」とされ、上巳のころは季節の変わり目で、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、古代中国では、この日に水辺で穢れを祓う習慣がありました。それが、桃の咲く季節に行われる桃の節句と結び付き、ひな人形に厄を引き受けてもらい、健やかな成長を願うようになりました。

昔から人々の暮らしと歳時の間には、身近な自然が深くかかわります。それだけに失われてほしくないですね。
「いつまでも自然が守られますように
おりがみ」

写真)2月27日東山動物園植物会館 折り紙教室での作品から

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ