スタッフブログ

「外来種だって、生き物じゃないの?」

このページを印刷する

2017年3月5日

imageはい、そうです。外来種だって「同じ命」をもつ生き物です、かわいそうですよね。
私もそう思います。
この質問をしてくれるのは大抵優しい人です。
でもね、外来種の影響で元からそこに住んでいる生き物が影響を受けてしまうんです。

「本来そこにいなかった生きものが人の手で持ち込まれ、在来種を食べたり、餌やすみかを奪ったりするなど生態系に影響を与えています。さらに、農作物を食べたり、民家に侵入したりして問題になっています。」
参照)「生物多様性」はなぜ大切?|なごや生物多様性センターhttp://www.kankyo-net.city.nagoya.jp/biodiversity/biodiversity.html

生き物の好きな人が外来種を野にはなすことで、昔からの生物が暮らしていけなくなる。
でもこのままでは、絶滅してしまうかもしれない。
すると、生物多様性に支えられている私たちの暮らしにも影響が及ぶかもしれない。
だからどちらかを選ばないといけないとするなら、昔からの生き物を選ぼう。

これが外来種の駆除です。
なんだか切ないですね。
(おわり)

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ