スタッフブログ

ソメイヨシノとF1品種

このページを印刷する

2017年4月4日

春のこの季節に、日本中で愛でられる桜。
一斉に咲きそろい見ごろを迎えます。

普通、兄弟だってそれぞれ見た目や性質に違いがあるに。
ソメイヨシノだって、もう少し個体ごとに色や形、開花時期などばらつきが出てもいいはずですよね。

でもソメイヨシノはどこで見ても同じ美しさを保っています。
少し不思議に思いませんか?

理由は、ソメイヨシノの遺伝子がまったく同じため。

ソメイヨシノは、江戸の植木職人の手によってエドヒガンとオオシマザクラが一代交配されたハイブリット品種として誕生したとされています。
ソメイヨシノは、現代、食の安全面から問題視されている「F1品種」元祖?なんですね。

F1種の特性で、自らの種から同じ子孫を残すことができない。
そのため、誰かがソメイヨシノを欲しいと思えば、自然交配ではなく枝の一部を接木などすることで数を増やすことになります。
これほど数多くあるソメイヨシノは、クローン桜で、だから姿形性質まで均一なのです。

クローンであるからゆえ、気候の移り変わりに一斉に反応しそれが日本の季節に深いに印象を残しています。

そしてソメイヨシノは自家受粉結実できないとされています。
いくら違う木の花粉でもそれがソメイヨシノ同士であれば遺伝子的には同じ木のため、実は結実しても地面に落ちてしまいます。

その美しさは一代限り。
そのため、もしソメイヨシノを人間が接ぎ木しなくなれば、100年で絶滅するとも言われています。

でもあれだけの数の花を咲かせながら子孫を残せないなんて、一体何のために咲いているのやら。

そういえば人間も美人や美男がよく子どを残さない例が多いです。
どちらも勿体ない。

でも、他の山桜など木がが違えば、ソメイヨシノも子孫を残せるそうですよ。

きっと、二代目は綺麗だけど個性豊かで普通の桜になってしまうのでしょうね。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ