スタッフブログ

7/16大遊協プレゼンツ天王寺動物園エコプロジェクト

このページを印刷する

2017年7月19日

2017年7月16日、大遊協プレゼンツ天王寺動物園エコプロジェクトの一環の「絶滅危惧種をおりがみで折ろう」という企画に、IUCN-Jおりがみアクションが協力いたしました。

7月の土日祝に好評開催中の園内6か所の絶滅危惧種(ホッキョクグマ、アジアゾウ、クロサイ、ジャガー、ナベヅル、ホウシャガメ)をまわるスタンプラリーと連動で、今回は、ホウシャガメとパタパタ鶴のおりがみが用意され、人気でした。

里山保全に寄与する※1竹紙おりがみで、絶滅危惧種ホウシャガメを折り、スタンプラリーで見てきた甲羅の模様を自由に書いてもらいました。

オリジナリティあふれる多様なホウシャガメができあがりました^^

ホウシャガメは、マダガスカルにいる美しいリクガメ。

天王寺動物園にいるホウシャガメは、すべて保護されたもので、密輸や違法に飼育されていたものです。絶滅の危機の理由を、わたしたちはまず知ることから。そして、生物多様性~いのちのつながり~を守るためにできることは?とMy行動宣言も設置しました。

ホウシャガメのいるアイファーに宣伝にいき、出逢った6歳の女の子は、そのあと会場に立ち寄ってくれて、ホウシャガメのお食事風景を忠実に再現してくれました◎お見事!

7月16日折り紙_170716_0005

お食事中のホウシャガメ。 

P1000517

P1000505

P1000516

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

※当日スタッフが撮影したその他のお写真は、みんなのおりがみ写真からご覧いただけます。

この日は、日本折紙協会認定講師の井上和子先生はじめ、4名の方にボランティア協力いただき実施いたしました。大変暑い中、ご協力ありがとうございました。

※1竹紙おりがみは、にじゅうまるメンバーでいつもおりがみプロジェクトにご協力頂いている中越パルプ工業株式会社が展開しているものです。

 

| 1件のコメント

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

[…] 7月16日に実施した「絶滅危惧種をおりがみで折ろう」に続く、夏休みおりがみ企画の第二弾です。 […]

コメントする


このページのトップへ