スタッフブログ

タイカプ2017 ゴリラの話 東山上野吉一さん

このページを印刷する

2017年11月13日

ゴリラのはなし
現在野生のゴリラの生息数は、ニシローランドゴリラ 12万5000頭、マウンテンゴリラ750頭。
かつての状況から比べると数パーセントに減っている。
その理由は、内戦、森林伐採、焼畑、といったことからゴリラが住んでいる森を切り出しているから。
また、ゴリラは食用にもされているところがある。
現地の人が食べるだけでなく、珍味として食用にされる事も、絶滅に拍車をかけている。

わたしたちも関係がないわけではない。
いまや多くの人がもつ携帯電話などに使用する希少金属を取るため緑が失われていることも一因になっている。
私たちの何気ない行動がゴリラに大きなインパクトを与えているのである。
そのため、質の良いものを見極めながら、利用する事が大切。
生き物環境を守ることを理解してリサイクルを推進し、日常生活から私たちもゴリラの生息地を守ることにつながる。

東山動植物園企画官 上野吉一

P1330308

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ