スタッフブログ

黒川東中日ハウジングセンターでのおりがみ

このページを印刷する

2017年11月20日

11月19日、黒川東中日ハウジングセンターイベント広場内にて名古屋市省エネ・創エネ普及開発イベントが開催されました。

おりがみアクションもイベントに出店いたしました。

今年いちばんの寒さ、さらに時折小雨のぱらつく中の折り紙体験。寒かったです。

そんな悪天候でしたが午前と午後にプリキュアショーがあり、104名もの方が参加してくださいました。
おりがみは、ぴょんぴょんがえるやイタセンパラを折りました。
お客様は幼稚園以下の女の子を中心にその兄弟姉妹の方もみえて、

ぴょんぴょんがえるは大人気でした。

今回使用したおりがみは、中越パルプ工業からご提供いただいた里山保全に寄与する「竹紙」を使用しています。

全国的に放置竹林が増える中、地域の環境を改善するために切った竹を使って作られた紙です。

100%は、なかなか難しいそうです。
中越パルプ工業株式会社ならではの技術ですね。
スタッフ、ボランティアは、そんな話を子どもさんに伝えてきました。

さて竹紙ですが感触は少し硬い包装紙のような感じです。
そのため折るには少し力がいります。
ぴょんぴょんがえるは、本来紙を半分に折ってから作りますが、今回は半分に切った紙を使用しました。
それでも、なかなかのジャンプ力。
足腰の強いかえるができました。
さすが、竹紙。

今回の企画を立案推進してくださいました環境局 足立 純一さん、速井 今日子さん。速井さんは、先週のタイムカプセル2017にもいらして下さいました。


おりがみ講師
河野 香織 河瀬 暁子


ボランティア 水野さん親子


AI AI
鬼頭 彩乃 西渕 大輔

皆さま、寒い中ありがとうございました。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ