スタッフブログ

恵方巻きで、今年も無病息災に

このページを印刷する

2018年2月3日

今日は節分です。
鬼は外、福は内、そして夜は恵方巻き。
もともと恵方巻きは関西の一部地域の風習でしたが、何年か前から一気に広がり、今ではすっかり全国的に定着しましたね。

元はと言えば、芸者さんが一本をふうふう言いながら食べるのを旦那が見て楽しんだとか…。

子どもにとっては、ちょっとした遊びみたいで楽しめ、食卓をあずかる人にとっては何となく「今日は恵方巻きでいいか?」と献立を考える手間も省けます。

しその代わりと言っては何ですが、バレンタインと同様、少し商業的になった気もします。

スーパーでは一本980円
豪華な所なら2000円。
そして、閉店間際には投げ売り状態に。

お店で買っでもいいですが、家庭で作れば、海苔500円、お刺身700円、あとはきゅうりに卵…そこまで費用はかかりませんね。

それから、ローカルルールでは、
「恵方を向いて黙って食べきる!」
という約束があるそうです。
今年の恵方は南南東でしたね。

私、南南東を向いて食べていたら話しかけられ、ついうっかり「うん」と言ってしまいました。

無病息災ではなくなるのが嫌で、仕方なくもう一本食べました。
流石に短めですけどね。
キツイです。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ