スタッフブログ

ハワイアンリボンレイのデザイナー蜷川香子さんよりメッセージ

このページを印刷する

2018年5月16日

今回は、ハワイアンリボンレイのデザイナー兼インストラクター蜷川香子(Kyoko Ninagawa)さんより未来へのメッセージを頂きました。

▼未来の子どもたちへ残したいメッセージ

小学生の頃、大好きだった担任の先生が、ご家庭の事情でお辞めになる時、お別れの手紙を全校生徒の集まる会で読みました。その手紙を「それ、ちょうだい。」と言って私の手からそっと受け取って下さった先生が、マイクの拾わない小さな声で仰いました。「このまま、素直な心のまま素敵な大人になって下さい。」と…。
何故、その言葉を掛けて頂けたのか、小学生だった私には分かりませんでしたが、この言葉を忘れることなく、私は段々と大人になって行きました。

そして、受験をして希望した高校の入学式の日、学院長先生から、「今日から貴女は、この学院の子供です。良い大人になって下さい。」という言葉を頂きました。

今まで生きてきて、大笑いもして、楽しい時も沢山ありました。
しかし、悲しいこと、辛いと思ったことも沢山ありました。
この世の中で、自分一人でどうして良いのか分からなくなって、長い時間殻に閉じこもってしまった時もありました…

そんな時も、「素直」と「良い大人」という、この二つの言葉は、私を助けて、守ってくれる大切な鍵になっています。

偉い人の発言や、著名な人の書いた本の中にも記憶に残る、心に響く言葉は沢山あると思います。でも、誰かが貴方一人に向けて言ってくれた言葉は、時にあなたに勇気をくれ、諌め、諭し、またある時は優しく癒してくれる宝物になると思います。

その誰かは、身内の人かも知れないし、友達かも知れません。現れるかも知れないし、現れないのかも知れませんが、書き留めて置かなければ忘れてしまう言葉より、いつでも思い出せる心が動いた言葉を大切に、命を人を自分を思いやり、愛を感じて生きて頂きたいと切に願います。

香子さん、ありがとうございます。
直接かけられた言葉には、強い力があるのですね。
かけた人が忘れても、かけられた人の中で生き続け、時に人生までも変えてしまう。

そして皆がどこかに置き忘れてしまった「子どもの心」をずっと持ち続け大切にして生き、嬉しさ、優しさ、喜びといった感情が溢れる分、人より泣いたり傷ついたりすることも多かったことでしょう。

大人になると照れてしまい、そういった気持ちを出しにくいですが、香子さんを見習い、私ももうちょっとだけオープンにしてみようと思いました。

【蜷川香子さんのプロフィール】


映像製作、イベント企画・運営等のプロデュース業を経て、現在は、ハワイアンリボンレイのデザイナー兼インストラクターの他、オーダーで身の回り、生活に寄り添う作品の提供、癒しの時間と開運アップのエッセンスをお伝えしています。

世の中に興味の無いことが無いので、いつでも、何にでもチャレンジし、数年前からはクラシックカーラリーのナビゲーターとしてもデビューしました!日々、愛と感謝を忘れずに、何処かの、誰かのお役に立てる人でいたいと思っています♡

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ