お知らせ

節分のおりがみと恵方巻き

このページを印刷する

2019年2月3日

2月3日は「節分(せつぶん)」ですね。
節分とは本来、「季節を分ける」節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬と年に4回ありました。
立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようですよ。


写真の節分おりがみは、1/8に関にありますアトリエサチにて折り紙講座が行われた時のものです。
星型のユニット折り紙は、チクチクする柊の代わりに鬼退治をしてくれるためだそうですよ。

さらに近年節分で問題となっている恵方巻の廃棄問題。

今年は少しでも減ると良いですね。
スタッフは手作りし、近くに暮らす母にも持っていき家族の無病息災を願いました。
地球に暮らす全ての生き物の暮らしが守られますように。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ