スタッフブログ

生物多様性条約COP14結果報告

このページを印刷する

2019年2月9日

2/8 名古屋国際センタービルにて、環境省自然局生物多様性推進室 中澤圭一氏と国際自然保護連合日本委員会道家哲平氏より、生物多様性条約COP14結果報告が行われました。
中澤氏からは、閣僚級ハイレベルセグメントについて、ビジネスと生物多様性フォーラム COP14結果概要とサイドイント報告。

道家氏からは、ポスト2020に関するCOP14・アジア太平洋会合の報告がありました。

その中でいくつかのキーワードがありました。
○じぶんごと化が重要
◯セクターごとの連携ごこれから必要
◯国連生物多様性10年のせいかリレーについて言及

生物多様性わかものネットワーク矢動丸琴子氏より、COP14での活動と世界のわかものの動向が話されました。

その経験を元に、今後日本でポストカードキャンペーンを実施します。
様々な場所でポストカードを活用しユースの声を集めCOP15へ届けます。

こうした動向を踏まえ今後のおりがみアクションの活動に繋げていきます。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ