スタッフブログ

おりがみの吊るし飾り

このページを印刷する

2019年3月13日

3/12岐阜県関市にありますカルチャーハウスアトリエサチにておりがみ教室が行われ、おりがみによる「吊るし飾り」が作られました。

吊るし飾りは、豪華なひな人形が買えない庶民が布の端切れを利用し作ったことが始まりとされています。

ピンクのリリアーンでタッセルを作り、アクリルビーズの重りを通して、和紙の鶴、風船、時計草を飾りました。

大変ですが、美しい作品ですね。

吊るし飾り。
物を大切に扱う心。
子どもの健やかな成長。
昔から、日本にはおりがみアクションの大切にしていることが暮らしに根付いていたのですね。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ