スタッフブログ

エコパルなごやにておりがみ

このページを印刷する

2019年4月21日

名古屋市環境学習センター エコパルなごや特別ワークショップ、国際自然保護連合日本委員会 想いで繋ごうおりがみアクション事務局の河野香織さんによる、おりがみ教室 「竹紙で作る里山の動物」には、午前は7名、午後は37名の方が来てくださり、国産の竹100%できたおりがみで国蝶 オオムラサキとキツネを折りました。
休憩後、もっと折りたい方に残っていただいて、ウサギ、ミミズク、タヌキを折りました。
たくさんの方に楽しみながら環境について考えていただけました。

予定人数に10名に対して多くの方が参加してくださり、急遽、職員の方3名がご協力下さりおりがみを教えてくれました。

みなさん元々、環境教育をされている方ばかりなので、本当に即戦力となって下さいました。

名古屋市環境局の皆様
竹でできたおりがみを提供下さいました、中越パルプ工業株式会社の皆様
ありがとうございました。

「中越パルプ工業株式会社による竹からできた折り紙」
MEETS TAKEGAMIのORIGAMI(竹紙のおりがみ)で、里山の様々な生きものを折りながら、社会的課題の解決や、生物多様性保全について触れ、学ぶきっかけをつくります。

#おりアク

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ