スタッフブログ

2019/08/23堺市博物館にて「ハニワ課長おりがみワークショップ」開催報告

このページを印刷する

2019年8月26日

2019年8月23日、世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群について学べる夏休みイベント、「ハニワ課長と一緒に体験学習!わくわく土器土器(ドキドキ)!そうだったんだ堺の古墳」が大阪の堺市博物館にて開催されました。

69475033_10156807488214125_8254843000207704064_n

その体験学習のあとに、世界文化遺産登録のお祝いの気持ちで創作された

「ハニワ課長指人形おりがみ」のワークショップも開催されました。
おりがみアクションサポーターの中越パルプ工業株式会社の国産竹100%の竹紙を使用して、
おりがみアクションサポーターの堺市の井上和子先生にも製作協力をいただき、
本物のハニワ課長とも記念撮影が実現しました。

69539289_727907094338244_6414242444908429312_n

朝から大雨で参加者が少ないのでは・・・と心配されましたが、
体験学習イベントに参加の親子連れ、堺市博物館を訪れていたご家族など約40組の参加がありました。

69621513_694025194447822_5835890416641114112_n

楽しくハニワ課長のおりがみを折り、目や口は自由に書いてみてね!とお伝えすると、
ちょっとかわいかったり、驚いてる顔だったり…多様なハニワ課長おりがみが生み出され、盛況にて終了いたしました。

みんなのおりがみ写真(オンラインアルバム)はこちら

ハニワ課長のやさしいトークと、学芸員さんのお話から、古墳のすごさを改めて感じ、
おりがみを折りながら、「生物多様性と文化の多様性、どちらも大事~◎◎」とお話できる貴重な機会でした。

ご参加のみなさま、第一回目のワークショップにご参加ありがとうございました。
ボランティア協力のスタッフのみなさま、堺市広報課のみなさま、ご協力ありがとうございました。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ