スタッフブログ

東別院子どもカフェ

このページを印刷する

2019年9月9日

2019年9月7日、名古屋東別院にて子どもカフェが開催され、おりがみアクションを実施いたしました。
 
厳しい残暑の中、50名もの親子が集まってくれました。
立派な本堂ですね。

まず始めに、みんなで手を合せて「正信偈」同朋奉讃を読みしました。
おつとめの後はみんなで食事。
SAKURA CAFEさんによる特製、流しそうめんです。

珍しい流しそうめんに大はしゃきの子ども達。
初めは上手く取れなかったけど、すぐにコツを掴んだようです。
そうめん以外にも、フルーツやナタデココ、サクランボ、美味しく頂きました。
たっぷり食べだ後、食べ物についてのお話がありました。
お話の先生は、名古屋市昭和区・恵林寺の荒山 優先生。
「みなさんは、そうめんをよく食べますか?
お家で食べるそうめんも美味しいけれど、少し変わって、みんなで頂く流しそうめんも美味しかったと思います。
さて、みなさんはお家で怒られますか?
怒られるとやっぱり、’嫌だな’とか’鬱陶しい’と思うと思います。
でもちょっと見方を変えてみて下さい。
みんな、どうでもいい人のことは怒らないです。
それは願い事が、叱るという言葉には含まれているからです。
お父さん!お母さん、先生がみんなを叱るのは、みんなに願いがあるからですよ。
だから、怒られても、流しそうめんだけに水に流してみて下さい。」
なるほどそうかもしれないですね?

その後、紙飛行機でさらにもう一汗!
おりがみボランティアの丸井・永井お兄さんが、真剣に汗を流しながら遊んでくれました。

良い夏の思い出になってくれたかな^_^

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


このページのトップへ