このページを印刷する
スタッフブログ

2019/08/23堺市博物館にて「ハニワ課長おりがみワークショップ」開催報告

2019年8月26日

2019年8月23日、世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群について学べる夏休みイベント、「ハニワ課長と一緒に体験学習!わくわく土器土器(ドキドキ)!そうだったんだ堺の古墳」が大阪の堺市博物館にて開催されました。

69475033_10156807488214125_8254843000207704064_n

その体験学習のあとに、世界文化遺産登録のお祝いの気持ちで創作された

「ハニワ課長指人形おりがみ」のワークショップも開催されました。
おりがみアクションサポーターの中越パルプ工業株式会社の国産竹100%の竹紙を使用して、
おりがみアクションサポーターの堺市の井上和子先生にも製作協力をいただき、
本物のハニワ課長とも記念撮影が実現しました。

69539289_727907094338244_6414242444908429312_n

朝から大雨で参加者が少ないのでは・・・と心配されましたが、
体験学習イベントに参加の親子連れ、堺市博物館を訪れていたご家族など約40組の参加がありました。

69621513_694025194447822_5835890416641114112_n

楽しくハニワ課長のおりがみを折り、目や口は自由に書いてみてね!とお伝えすると、
ちょっとかわいかったり、驚いてる顔だったり…多様なハニワ課長おりがみが生み出され、盛況にて終了いたしました。

みんなのおりがみ写真(オンラインアルバム)はこちら

ハニワ課長のやさしいトークと、学芸員さんのお話から、古墳のすごさを改めて感じ、
おりがみを折りながら、「生物多様性と文化の多様性、どちらも大事~◎◎」とお話できる貴重な機会でした。

ご参加のみなさま、第一回目のワークショップにご参加ありがとうございました。
ボランティア協力のスタッフのみなさま、堺市広報課のみなさま、ご協力ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

夏のおりがみ

2019年7月10日

関市のおりがみ教室より夏のおりがみのお写真を投稿していただきました。


ゆかた、金魚、ひまわり、花火、おまけ早めにいらした方と、レッスンを待つ間に先日作ったランドセル。

少人数の教室は、その人ごとにペースを合わせられ、ゆったり楽しく折れるそうです。

また距離が近い分、お話も沢山できます。

暑い夏に向けて、ヒンヤリとした涼を感じるおりがみをありがとうございます。

講師 河野 香織

| | コメントはまだありません

名古屋 東別院でのおりがみ教室

2017年12月18日

2017年12月17日、名古屋東別院の報恩講協賛行事として子ども広場と精進マートが開催されました。
子ども広場では滑車スロープやボルダリングなど大型アトラクションが組まれ、そこで子どもたちが寒さに負けず元気に遊んでいました。

養心道場ではストーブや託児スペースが完備され、まだ外で遊べない小さなお子さまが楽しめる室内の催しが行われました。
おりがみアクションの他、腕輪念珠づくり、書道ライブが行われ沢山の方が参加してくださいました。

おりがみ教室には約50名程の方が参加しぴょんぴょんがえるや東別院のマスコットキャラクター千鶴ちゃんを折りました。


他にも、パンやピザ、スイーツなどが販売されるマーケットも開催され広い境内は沢山の人で賑わっていました。

名古屋ではタイムカプセルプロジェクトなどが行われるため、平素よりボランティアさんが沢山集まります。

今回もAIAIのみなさま、水野さん親子、河瀬さんがおりがみを教えて下さいました。

おりがみを通じて皆様のお役に立って下さっています。

みなさまが健康で豊かに過ごせますよう。

おりがみ講師
河野 香織
河瀬 暁子
木下萌
戸嶋志織
鬼頭彩乃
西渕大輔
水野 ともこ
水野 りょうこ

皆さま、ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

揚輝荘の会 佐藤さま

2016年3月13日

image歴史と文化の館 揚輝荘の管理運営をされております特定非営利活動法人 揚輝荘の会 佐藤専務理事におりがみアクションの活動についてお話を聞いて頂きました。
image

 

image
こんな美しい庭園と建築物の中で、おりがみアクションができたら良いですね。

| | コメントはまだありません

水を廻る風景 海 港編

2014年8月16日

水辺に佇むと落ち着いた気分になります。
それは、私たち祖先が辿ってきた原体験が細胞レベルに刻まれているからかもしれませんね。

その水辺が今、汚染されています。原因の一つはプラスチックごみ。
一つの発泡スチロールは幾千幾万の粒となり、卵と間違えた小魚の餌となります。
消化できず胃袋で滞納し弱くなった小魚は中型の魚の餌となり、また弱くなった魚は大型の魚の餌となります。そして魚たちは死に絶え朽ちても尚、発泡スチロールだけは朽ちず、再び海原を漂います。

ゴミを見ると、ついそんなことを考えてしまい水辺にいても休まりません。
どうか捨てないで下さい。

【潮待ちの港 鞆の浦】

瀬戸内海の中央にあり、潮の流れの変わる所であるため、万葉の時代から潮待ち、風待ちの港として栄えました。
この地で潮の変わり目を待ち、西へ東へと旅立っていったのでしょう。

技術の発達に伴い、物流の中心は、神戸や倉敷へと移り、江戸、幕末の時をゆっくりと留め、現在まで旧き良き港街の風情を残しています。
潮を待つという言葉も一般的でなくなりましたね。

晴天時には四国連山までもが 見渡せる瀬戸の海神社、寺院、町並み、は、古き良き時代を感じさせてくれます。
宮崎駿監督が映画「崖の上のポニョ」を創作する際、この地に滞在したとも言われています。

明日は倉敷からお伝えします。

鞆地名の由来
鞆とは弓の弦にあたるのを防ぐため左手に結ぶ武具の名称。
1,神功皇后が渡守神社に高鞆を奉納した事による説
2.魏志倭人伝に出てくる投馬国が鞆であるという説
「とおま」がなまり、「とも」となったなど。

名物 鯛めしと保命酒

| | コメントはまだありません

COP10会場にて 2010年10月19日(火)

2010年10月20日

本日も,COP10会場は晴れ。

朝からIUCNブースでは,大勢の海外スタッフにより,活発な議論が行われていました。

準備に忙しい中ですが,何名かの方は,「おりがみ」に挑戦してくださいました。

日本の「おりがみ」で,和んでいただき,COP10の良き思い出になれば幸いです。

IUCN スイスからいらした,Enrique J. Lahmann,Ph.D.さんです。

”Responsible for IUCN Membership unit and organizing 2012 world conservations congress.”

「IUCNメンバーシップの責任者で,2012World.confervations Congressを準備しています。」(訳:南山大学 柴田理沙)

彼からのメッセージは,近日中に,ジアスニュース,”Message of  the Day”からもごらんいただきます。

滋賀県立大学のみなさんは,「COP10に何か貢献したい」と雄志が集まり,

今回,ボランティアに参加してくださいました。とても役に立ち,感謝しています。

滋賀県立大学の皆さん

「現場の知識なら,他大学には絶対負けません!」

ブログ見てくださりありがとうございます!この他のおりがみ写真はFlickrへ!

| | コメントはまだありません


このページのトップへ