このページを印刷する
お知らせ

エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展

2017年11月30日

2017年12月7日~9日、日本最大級の環境イベントである「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」が開催されます。
今年のテーマは、「持続可能な社会の実現にむけて」です。

おりがみアクションパートナーの中越パルプ工業株式会社のブースで、竹紙MEETS TAKEGAMIをつかったおりがみアクションを実施することになりました。

 

ブースの場所は、東3ホールのSDGs x Businessゾーンの3-015です。

例年、プロのクラリネット演奏と絵本作家のポップアップカード作りを3日間とも開催されています。
今年のクラリネット演奏は、各日、11時と13時に開始。
なお、おりがみアクションは、午後のクラリネット演奏後の実施予定です。

エコプロの詳細はこちら→http://eco-pro.com/2017/

みなさまのご来場お待ちしております!

 

| | コメントはまだありません

集まれ!おおきな竹紙ゴリラをつくろう!

2017年11月1日

11月11日(土)名古屋市にあります東山動植物園にてタイムカプセルプロジェクト2017が開催され、メインイベントとしてみんなで大きなゴリラのおりがみを創ります。
そのため現在、日夜スタッフが竹紙ゴリラを試行錯誤しております。

こちらがその試作風景です!


大きい!

今回のイベントで使用するおり紙は竹紙ですが、こちら
の大きなおりがみゴリラ制作にも竹紙を使用しております。

竹紙は、中越パルプ工業株式会社よりご提供いただいております。
http://www.chuetsu-pulp.co.jp/
いつもありがとうございます。

| | コメントはまだありません

おりがみキャラバン2017

2017年10月25日

リゾートトラスト株式会社が毎年行なっておりますおりがみキャラバン。
2017年度は新たな活動場所も増え、全部で5箇所になります。
現在、キャラバンの真っ只中ですね。
今週末はグランドエクシブ鳥羽。
どうぞよろしくお願いいたします。

10/3(火):エクシブ箱根離宮
10/14(土):エクシブ琵琶湖
10/28(土):グランドエクシブ鳥羽
11/11(土):東山公園
11/25(土):エクシブ伊豆

| | コメントはまだありません

リゾートトラストホームページに日中韓ご紹介いただきました

2017年10月25日

リゾートトラスト株式会社 ホームページにて、先日行われました第2回日中韓IUCN会員会合への参加についてご紹介頂きました。

掲載内容は下記URLよりご覧いただくことができます。

<CSR news&report>
https://www.resorttrust.co.jp/csr/index.html

<地球環境サイト>
https://www.resorttrust.co.jp/csr/environment/index.html

ご協力して下さいました皆さま、本当にありがとうございました。

| | コメントはまだありません

名古屋市科学館ホームページで告知いたしました

2017年9月20日

名古屋市科学館でのイベントを、ホームページで告知いたしました。
ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

環境デーなごやステージ発表

2017年9月13日

9月16日 久屋大通公園にて行なわれます環境デーなごや2017のステージ発表で、おりがみアクションが出演することになりました。

場所 久屋大通公園メインステージ
時間は13時からとなります。
是非皆さま、見にきてくださいね^ – ^。
お待ちしております。

| | コメントはまだありません

広報なごやに載りました

2017年9月3日

 

 

平成29年9月号、広報なごやにエコパルなごやでの展示について、載せて頂きました。
広報なごやは名古屋市が発行し、市民生活に根ざした情報が載っています。
毎月10日までに市内108万世帯に配布され231万人の方に愛読されています。

| | コメントはまだありません

エコパルなごやでおりがみウォール展示

2017年9月1日

本日より名古屋市環境局エコパルなごやにて、おりがみアクションの展示が始まります。

こちらではおりがみウォールや、イタセンパラを折るコーナーが用意されています。

みなさま是非足をお運び下さい。

お待ちしております。

| | コメントはまだありません

四国エポさんにご紹介いただきました

2017年6月15日

四国エポさんのホームページにて、おりがみアクションについてご紹介いただきました。

ありがとうございました。

以下ホームページより
生物多様性「おりがみアクション」から広がる企業のCSR活動

■「おりがみアクション」の開催

子どもたちが折紙でゾウやチョウをつくっている。一番人気はヘラクレスオオカブト。スタッフから複雑な折り方を教わりながら小さな手で折っていく。難しいからこそ、集中して取り組み、出来上がったときのうれしそうな顔は印象的だ。

この取り組みは、会員制リゾートホテルなどを経営しているリゾートトラスト株式会社がお客様向けに全国で展開している環境貢献活動の一つである。2010年、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が日本で開催された際、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)が主催した「おりがみアクション」の趣旨に賛同し、生物多様性のロゴである「おりがみで折った生き物」に10年後の地球へのメッセージを書いて未来に届けるという取り組みを継続的に実施している。

2016年11月26日会員制リゾートホテル、グランドエクシブ鳴門で「おりがみアクション」が開催され、地元、徳島の環境首都とくしま創造センターのスタッフや環境カウンセラーも活動に賛同されて、徳島県がすすめる温暖化防止啓発のパネル展示や啓発活動を同時開催した。リゾートトラストスタッフとの意見交換会では、ホテルにおける環境配慮、徳島県での生物多様性保全の取り組みなど、情報共有を行い、今後の発展に繋がるアイデアも出てきているそうだ。

また、これらの活動でのスタッフの楽しそうな笑顔もさることながら、この取り組みに関わることで、スタッフ自ら生物多様性について意識するようになったことや、「おりがみアクション」の企画検討を通じて、スタッフが一丸となることも増え、働き甲斐や内部コミュニケーションの活発化など企業体質の強化ともなっているようだ。

■自然とリゾート施設の共存に向けて

ここでは、「自然環境」「周辺環境」「職場環境」の3つの環境づくりを掲げ、人や自然を生かしたホテル経営を実践している。その考え方の一例として、

・施設建設時に樹木の伐採が必要な場合は、それ以上に周辺への植樹を行うことで、自然景観をできるだけ損なわず、緑豊かな状態に保つ努力をしている。

・ゴルフ場の芝生維持のために散布する農薬は、最も毒性が低いとされる農薬をグリーンのみに使用。排水は施設内の散水で再利用し屋外に出さない「クローズドシステム」を導入している。(グランディ浜名湖ゴルフクラブ)

・施設周辺の山林に不法投棄された廃棄物の撤去を含む、地域の清掃活動に参加。本年度は約11トンの廃棄物を回収。地域社会との関わりを大切にしている。(グランドエクシブ鳴門)

・「食」については、シェフ自ら小学校に赴き調理実習を行う「食育活動」や、お客様や地域の方に向けての「料理教室」を行っている。また、エクシブ淡路島ではスタッフ自ら野菜を栽培する「エクシブ農園」を行っている。「淡路島玉ねぎ」を中心に栽培しており、お客様が収穫体験をするプランはとても好評。お客様と地域をつなぐきっかけを提供、地域の価値を楽しく共有する取り組みを行っている。

持続可能な社会の実現に向けて、国連は2015年に「SDGs(持続可能な開発目標)」を採択した。企業活動に持続可能性を盛り込む動きは、今後ますます活発になることが予想される。サービス産業に環境配慮を取り入れるには工夫も必要であるが、「生物多様性」について考える機会があるリゾートというのも面白い。

また、このような企業の環境活動と、地域の環境NGO,NPOが連携して、更なる活動の広がりをどのように形づくっていけるのかも楽しみである。

生物多様性「おりがみアクション」から広がる企業のCSR活動

| | コメントはまだありません

6月の環境情報誌リサは…

2017年6月3日



6月3日発行の環境情報誌リサの特集は「変わる 守る なごや堀川」最近変わってきた堀川の過去、現在、未来をのぞいてみます。

にじゅうまるエコクッキングはパイナップルの皮ごとビネガーです。

電子版は、こちらからご覧いただけます。
http://www.media-brain.co.jp/original/risa/

| | コメントはまだありません

国際生物多様性の日のロゴ2017

2017年4月6日


今年も国際生物多様性の日のロゴ、日本語版ができました。

国際生物多様性の日(こくさいせいぶつたようせいのひ、英: International Day for Biological Diversity, World Biodiversity Day)は、生物の多様性が失われつつあること、また、それに纏わる諸問題に対する人々の認知を広めるために国際連合が制定した記念日(国際デー)です。

毎年5月22日の記念日に先立ち、今年フォーカスすべきテーマとロゴマークが発表されます。

今年のテーマは、「生物多様性と持続可能な観光」です。
日本語版は国際自然保護連合日本委員会が作成しております。

テーマとロゴマークは、これから生物多様性の普及を推進する様々な団体に行事などで利用されます。

もちろんおりがみアクションも使っていきたいと思います。

| | コメントはまだありません

【日程変更のお知らせ】天王寺動物園「どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~」

2017年3月9日

これまで、大阪市天王寺動物園、株式会社ベネッセコーポレーションの協力のもと、
2017年1月14日(土)~毎週土日、3月18日からの春休み期間は3月末まで休園日以外毎日、
大阪市天王寺動物園の展示室にておりがみアクションコーナーが設置されます。

とお知らせさせていただいておりましたが、日程変更のお知らせです。

開催日時:平成29年1月14日(土曜日)から3月26日(日曜日)の期間の土・日・祝
                9時30分から17時まで(シートの配布は16時まで)

となりますこと、ご了承ください。

中越パルプ工業株式会社よりご提供いただいた生物多様性保全に寄与する日本の竹100%の竹紙おりがみも用意して、みなさまのご参加をお待ちしております。

「どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~」詳しくは、こちら↓

http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000386861.html

| | コメントはまだありません

3月号RISA

2017年3月4日

3月号RISA特集は、原点を振り返って「資源回収の20年」
おりがみアクションのにじゅうまるエコクッキングは、「干し飯で非常食アレンジ」です。

入手は、なごや市内各公共施設にて。
遠方の場合、電子版もございます。

http://www.media-brain.co.jp/original/risa/
環境情報紙『Risa(リサ)』はリサイクルから「環境」をテーマとした情報紙です。1999年の創刊以来、時にはまじめに時には楽しく、エコに関するさまざまな話題を伝えてきました。

| | コメントはまだありません

中越パルプ工業の竹のおりがみ

2017年2月17日

_DSC7326
2017年2月12日まで天王寺動物園で、実施しておりました「てんのうじどうぶつえんバレンタインイベント 想いでつなごう!おりがみアクション」に中越パルプ工業株式会社さまより竹のおりがみを提供して頂きました。
参加者には、限定で竹のおりがみをお配りました。

イベントの様子は、オンラインアルバムみんなのおりがみ写真コーナーでスタッフが撮影したお写真をご覧いただけます。

| | コメントはまだありません

環境情報誌RISAに広報のご協力いただきました。

2017年2月13日


境情報誌RISA『もう一度つながる 森とわたしたちの暮らし 』について広報のご協力いただきました。
ありがとうございました。
くわしくはこちらまで

| | コメントはまだありません

2/12天王寺動物園バレンタインイベント写真アップしました

2017年2月12日

2017年2月12日、てんのうじどうぶつえんバレンタインイベント 想いでつなごう!おりがみアクションは無事に終了いたしました。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

オンラインアルバムみんなのおりがみ写真コーナーでスタッフが撮影したお写真をご覧いただけます。

14時半に展示室でのイベントは終了し、レッサーパンダにハートのリンゴをプレゼントという

バレンタインイベントに参加し、その後、記念撮影を行いました。

雪、みぞれがちらつく時間帯となってしまいましたが、無事に撮影できてよかったです~

レッサーパンダが絶妙なベストポジションにきてくれました◎それは、飼育員さんご協力の賜物。ありがとうございます!!!

_DSC7326

 

ご協力いただきました当日運営ボランティアスタッフの13名のみなさまも大変寒い中、ありがとうございました。

主催:天王寺動物園

共催:IUCN日本委員会

協力:株式会社ベネッセコーポレーション

協賛:中越パルプ工業株式会社

 

詳しくはまたアップしますが、取り急ぎ、写真アップのお知らせでした~◎

 

| | コメントはまだありません

【開催場所変更】2/12てんのうじどうぶつえんバレンタインイベント

2017年2月12日

本日開催のてんのうじどうぶつえんバレンタインイベントの会場が変更になります。

レクチャールーム → 展示室

園内でもご案内いたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今日はてんのうじどうぶつえんで、ハートのおりがみでおりがみウォールを埋め尽くしましょう!

Facebookページはこちら↓

https://www.facebook.com/LetsOrigamiProjectYourTargetFor2020/

 

★今日は、てんのうじどうぶつえんに行って、おりがみアクションに参加して、SNSで写真をぜひシェアしてください!★

必須ハッシュタグ #おりアク 

その他ハッシュタグ、#origami #Natureforall

#天王寺動物園 #Osaka #Biodiversity #Penguin などをつけて、ご自身のSNSアカウントでシェアしてください。

その画面をスタッフに見せていただくと、素敵なプレゼントがあります!!新商品の竹紙おりがみが入ることになりました!!

 

★Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひ 以下のページに 「いいね!」お願いします!

LetsOrigamiProjectYourTargetFor2020

https://www.facebook.com/LetsOrigamiProjectYourTargetFor2020/

 

★Twitterの方は、cop10origami をぜひフォローお願いします。

必須ハッシュタグ #おりアク 

その他ハッシュタグ、#origami #Natureforall

#天王寺動物園 #Osaka #Biodiversity #Penguin などをつけて、ご自身のSNSアカウントでシェアしてください。その画面をスタッフに見せてください。

 

★Instagramの方は、「origamiaction」 をぜひフォローお願いします。

おりがみアクションスタッフもまだまだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

| | コメントはまだありません

東山動植物園 鳥インフルエンザその後

2017年2月6日

image image
2016年12月12日、東山動植物園(名古屋市千種区)は飼育していたコクチョウ3羽の高病原性鳥インフルエンザ感染が確認されたと発表しました。
動物園エリアは12月11日から休園し、折しもおりがみアクションはタイムカプセル直後で、折り紙メッセージを集めたウォールが展示してあり、その動向を見守っていました。

動物園では11月29日に飼育していたコクチョウ1羽が死んだのをはじめ、12月13日までにコシジロヤマドリや希少な絶滅危惧種のシジュウカラガンなどが相次ぎ死にました。
コクチョウ3羽については12日までに確定検査でH5N6亜型への感染が確認され、シジュウカラガンやマガモの感染も13日までに確認された。13日にはマガモ1羽とヒドリガモ1羽を安楽死させています。
ニワトリなど家畜への感染の場合には「全て殺処分」が基本となるそうですが、目的として「種の保存」もある動物園の場合、そう簡単には行かないのが悩ましいところです。

東海地区では、愛知だけでなく岐阜でも鳥インフルエンザが発生しました。
その後、 1月13日(金)より動物園エリアは再開されましました。来館者には無料開放とともにポストカードの配布などを行い明るい話題で市民をほっとさせました。

しかし現在も、動物園エリアに入るには、消毒用のマットの上を踏んでからの来園ととなります。
展示では、ペンギンの策の上に緑色のネットが掛けられいるなど変更が加えられており、鳥の飛来を防いでいます。
以前よりこの檻では、ペンギンのえさを狙う野鳥も少なくなく、なごり惜しそうにネットの上を歩くさぎが目にとまりました。

鳥インフルエンザは、もちろん動物園での希少な鳥への被害もありますが、豚など家畜を介しいずれは人間にも移っていくだろうと予想されており、このような水際の作戦がとられています。

とりあえず、鳥類全部殺処分ということがなく良かったです。

| | コメントはまだありません

生物多様性2050なごや戦略ができました

2017年2月4日

生物多様性2050なごや戦略は、生き物と共生する持続可能な都市なごやを実現するための指針です。
この戦略では、「身近な自然の保全・再生」と「生活スタイルの転換」の二つの観点から、市民のみなさんとともに、「多様な生物と生態系に支えられた豊かな暮らしが持続していく都市なごや」を、4つの戦略で目指します。
くわしくはこちらを参照ください。

戦略冊子・普及版は、以下の場所でもご覧になれます

市民情報センター(市役所西庁舎1階)
各区役所・支所
環境学習センター(中区栄一丁目23-13 伏見ライフプラザ13階)
市民情報センターでは、戦略冊子の販売(1冊500円)も行っています

| | コメントはまだありません

参加者募集!2017 2/19 自然資源を活かした地域づくり学習会in名古屋

2017年2月3日

a7491277824ed92f797b6fd985facc3b全国の里山では管理放棄が進み、地域固有の文化や生きもなど自然の恵みが失われつつあります。里山の恵みを持続的に守るためには、新しい形で自然資源を活用・循環することが重要です。本学習会では、山に放置されている残材の搬出を支援し、地域経済の発展にも寄与する「木の駅プロジェクト」を事例として、参加者とともに森と私たちの新しいつながりを考えていきます。

皆様ぜひご参加ください。

【共催】(公財)日本自然保護協会・環境省生物多様性センター

【2017年 2月19日(日)地域づくり学習会in名古屋 開催要項】    

【時間】13:30~16:30(受付13:00~)
【定員】80名(先着順)
【会場】ウィンクあいち(WINC AICHI)愛知県産業労働センター
11階 1104号室  名古屋駅から徒歩2分
【参加費】無料
【プログラム】
●13:30~15:30 講演

①「人と森との関係を回復したい!
森の健康診断と木の駅プロジェクトの取組み」
丹羽健司
(木の駅アドバイザー、矢作川水系森林ボランティア協議会前代表)

②「地域を元気に!額田木の駅プロジェクトの挑戦」
唐沢晋平(額田木の駅プロジェクト実行委員事務局長)

③「自然の恵みをモニタリングしよう
~市民によるモニタリング調査の重要性~」
福田真由子(公益財団法人 日本自然保護協会)

●15:30~16:30 座談会
「森と私たちの暮らしを再びつなげるにはどうすればよいか」を
テーマにグループになって話し合います。

●17:00~19:00 懇親会 *別会場、参加費4000円 要申込み
参加者・講演者・スタッフで交流します。

【申し込み方法】
申込みフォームにお答えいただくか、下記連絡先まで
申し込みください。
事業の詳細はウェブサイトをご覧ください。

申込みフォームURL
詳細ウェブサイト

申込み〆切:2017年 2月12日(日)
*懇親会の直前のキャンセルはキャンセル料が発生する場合が
ありますので、早めにお知らせください。

皆様のご応募おまちしています!

【お申込み・お問い合わせ先】
公益財団法人日本自然保護協会 市民活動推進室
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4104 / FAX:03-3553-0139
Email:satoyama★nacsj.or.jp (担当:福田真由子・高川)※スパムメール対策のため★マークを使用しています。@に修正して送信してください
http://satomoni.com/2017/01/%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e5%8b%9f%e9%9b%86%ef%bc%812017-219-%e8%87%aa%e7%84%b6%e8%b3%87%e6%ba%90%e3%82%92%e7%94%9f%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%9f%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a%e5%ad%a6/

| | コメントはまだありません


このページのトップへ