このページを印刷する
お知らせ

中越パルプ工業の竹のおりがみ

2017年2月17日

_DSC7326
2017年2月12日まで天王寺動物園で、実施しておりました「てんのうじどうぶつえんバレンタインイベント 想いでつなごう!おりがみアクション」に中越パルプ工業株式会社さまより竹のおりがみを提供して頂きました。
参加者には、限定で竹のおりがみをお配りました。

イベントの様子は、オンラインアルバムみんなのおりがみ写真コーナーでスタッフが撮影したお写真をご覧いただけます。

| | コメントはまだありません

折紙の先生、井上和子さん

2017年2月17日

先日のタケノコとパンダのお写真は、岸和田、天王寺などいつもお世話になっている堺在住の折紙の先生、井上和子さんによるものです。

いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

| | コメントはまだありません

リゾートトラスト世界自然保護会議でのおりがみアクション

2017年2月2日

image
2016 年9 月1 ~10 日、世界自然保護会議にてリゾートトラスト株式会社の皆さまがおりがみアクションを実施してくださいました。その様子をリゾートトラストHPにて公開しております。

以下ホームページより
第6 回世界自然保護会議(ハワイ・ホノルル)に参加

2016 年9 月1 日~10 日に、IUCN(国際自然保護連合)主催の第6 回世界自然保護会議(IUCN World Conservation Congress)がハワイ・ホノルルにて、開催されました。この会議は4年に一度開催され、今回は世界192カ国から約1万人が参加。今後4年間の生物多様性や自然保護に関する方向性、問題点等が議論されました。
リゾートトラストは、IUCN 日本委員会と共催でブース出展をし、*「おりがみアクション」を実施しました。
また、IUCN幹部 Giulia Carbone氏とRESORTTRUST HAWAII,LLC 副社長 植田が、企業における自然環境保全、生物多様性保護に関する意見交換を行いました。
*「おりがみアクション」とは、日本の伝統文化である折り紙で折った生き物に10 年後の地球へのメッセージを書いて未来に届けるという活動のことです。
http://www.resorttrust.co.jp/csr/environment/index.html
皆さま、ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

天王寺動物園バレンタイン企画でおりがみアクション

2017年1月20日

~ハートのおりがみを折って、好きな動物の前で写真を撮ろう!~

日時:平成29年2月12日(日)10:30~14:30

場所:天王寺動物園 レクチャールーム

主催:天王寺動物園

共催:国際自然保護連合日本委員会

協力:株式会社ベネッセコーポレーション

協賛:中越パルプ工業株式会社

内容:バレンタインにちなんで、ハートのおりがみや動物のおりがみを折っていただけます。

折ったおりがみと一緒に動物の前で写真を撮ったり、レクチャールームに用意している大きな模造紙にハート型になるよう貼ったりしていただくこともできます。

またその場で写真投稿もしくはSNSに写真をシェアして頂いた方には、竹紙いりおりがみセット(5枚)を先着100名さまにプレゼントします。

詳しくは、大阪市報道発表をご覧ください。

http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000387791.html

 

| | コメントはまだありません

1/14~天王寺動物園:どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~

2017年1月11日

昨年9月におりがみアクションを実施させていただいたご縁で、

株式会社ベネッセコーポレーションと天王寺動物園とIUCN-Jの協働が実現し、

生物多様性普及啓発のため幼児(年長~小1)向けの「どうぶつとわたしたちシート」が作成されました。

かわいらしいイラストで、できる限りわかりやすく、仕上げました。

いきものたちのためにできる5つのこと(My行動宣言)とおりがみアクションも裏表紙に載っております。

まめぞうとペンギンの折り方は、おりがみアクションパートナーの宮本先生に作図いただきました。

今週末、2017年1月14日(土)から天王寺動物園で「どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~」のイベントがはじまり、シートの配布開始です。

天王寺動物園 新世界ゲート近くの展示室にておりがみアクションコーナーも設置され、お気軽にご参加いただけます。

おりがみの一部は、中越パルプ工業株式会社よりご提供いただきました生物多様性保全に寄与する日本の竹100%でできた竹紙おりがみを使用いたします。

みなさま、ぜひ天王寺動物園に足を運んで、実際の動物を見たり、シートを見たり、折り紙を折ったりしながら、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)と生物多様性(せいぶつたようせい)を守るためにできることを考えるきっかけにしてみてくださいね!

大阪市報道発表はこちら→http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000386861.html

| | コメントはまだありません

環境情報誌RISA12月号

2016年12月3日

環境情報誌RISA12月号に、おりがみアクションのタイムカプセルプロジェクトについて掲載がありました。
image
おりがみアクションの歴史や、イベントの様子について触れられております。
image
ありがとうございました。

環境情報誌RISAは、名古屋市のエコパルなごや他、図書館で入手可能です。

| | コメントはまだありません

命をつなぐプロジェクト×おりがみアクション

2016年11月16日

命をつなぐプロジェクト学生実行委員会のみなさまが、
12月10日に、知多半島にて行われますGREEN SMILE FESTAにておりがみアクションを実施して下さいます。

以下ご紹介
今年も「GREEN SMILE FESTA」の季節がやってまいりました!!
本年度で3回目の開催。中身がさらにパワーアップしております。

なんと、おりがみアクションinGREEN SMILE FESTA開催します!!
全国各地で行われている、おりがみプロジェクトがグリスマにやってきます。
是非、素敵な動物を追って、環境問題への意識を高めて参りましょう!!

応募は下記リンクから、お待ちしております。
抜け漏れの無いようにご注意くださいね!

皆様のご応募、一同お待ちしております!!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSejIm5mOCCCCYBOCYvb6x1tDNIEo4ZwIYQPM_Ga4WfYmf26MQ/viewform
ありがとうございます。

http://inochipj.sakura.ne.jp/index.phpimage
image

命をつなぐプロジェクト学生実行委員会のみなさまは、知多半島の生態系ネットワーク形成のために様々な取り組みをしています。

| | コメントはまだありません

タイカプ2016にリサさんからの取材がありました

2016年11月14日

愛知、名古屋を中心に情報発信を続けております環境情報誌Risaの関口編集長が、タイムカプセルプロジェクトにお越し下さいました。ありがとうございました。

image

| | コメントはまだありません

タイカプ2016 おりがみ作家丹羽先生

2016年11月13日

2016年11月6日、東山総合公園毎年東山動植物園で「タイムカプセルプロジェクト」が実施されました。
おりがみプロジェクトでは、絶滅危惧種の動植物を皆様へご案内致したい場合があります。でもそういう折図はまだ存在していません。

そんな時に頼りにしておりますおりがみ作家の丹羽たい子先生。今までも数々の折図をお願いしてきました。
今年ご考案頂きましたおりがみは、ツアーで紹介いたしました絶滅危惧種の「ソマリノロバ」と「イタセンパラ」。
素敵なおり図をありがとうございました。皆様にも大変好評でした。

image
image

| | コメントはまだありません

タイカプ2016 成田さま

2016年11月12日

image

おりがみの個人スポンサー成田さんが奥様とともにタイムカプセルプロジェクトへ顔を出して下さいました。

成田さんは、タイムカプセルを製造・寄贈していただいた株式会社、成田製作所に務めておられ、当時アイデア段階からご一緒させていただきました。
それからもこうして毎年プロジェクトへ顔を出して下さっております。

ありがとうございました。
また来年もご一緒させて下さい。

| | コメントはまだありません

タイカプ2016 命をつなぐproject

2016年11月11日

image
命をつなぐprojectさんが、去年に引き続きタイムカプセルプロジェクトへご協力下さいました。
image

午前午後と2回実施した、絶滅危惧種ツアーではガイド補助をして下さり、お子さまにも好評でした。
また、植物会館へお越しいただいた皆様へ、環境省の推進するエコアクション、わたしたちといきものたちのためにできる5つのことを選んでいただいたり、おりがみを教えてしてくださいました。
image

image

大活躍の命をつなぐprojectスタッフさん、沢山の笑顔を皆さまに届けてくださいました。
ありがとうございました。
また来年も是非よろしくお願いいたします。

| | コメントはまだありません

タイカプ2016 リゾートトラストさん

2016年11月8日

image11月6日(日)東山動植物園にて実施されましたタイムカプセルプロジェクト2016に様々な企業や団体がパートナーとしてご協力下さいました。
その一つ株式会社リゾートトラストのみなさま。
当日はおりがみ講師として7名の方がお客様のアクションをサポートして下さいました。

image
image

image

また展示スペースでは華やかな作品が会場を彩っていました。
image

image
ご参加下さったお客様への写真のプレゼントもありました。
image
カメラマンの筒井さんは、お客様へ撮影許可を頂きながら一日中丁寧に撮影をして下さり、写真のプレゼントにはみなさまが大変喜んでくださいました。
image
筒井さんは「良い写真を撮って差し上げたい。また企業活動なのできちんとしなければ。」と仰っておりスタッフも勉強になります。

リゾートトラストみなさまありがとうございました。

次回ご紹介は命をつなぐプロジェクトです。

| | コメントはまだありません

エクシブ軽井沢「おりがみ教室」

2016年10月11日

10月8日、リゾートホテル エクシブ軽井沢で「おりがみ教室」が開催されました。
3連休の初日ということもあり多くの方々で賑わい、46名もの方が参加してくださいました。

国際自然保護連合日本委員会の「地球に生きる生命の条約」の冊子は、とても分かりやすいとスタッフの皆様からも評判でした。

お客様もみなさまお手に取って読んで下さったそうです

リゾートトラストの皆様、いのちのつながりを伝える、おりがみアクションの活動を全国に広げて下さりありがとうございます。

| | コメントはまだありません

環境情報誌Risaに東山ツアー募集が掲載中

2016年10月5日

image

image環境情報誌Risa10月号 おしらせ欄に東山動植物園にて実施いたします、おりがみプロジェクト2016「いきものツアー」の募集を載せていただいております。

既にHPでも参加者の募集が始まっております。
皆様も是非ご応募下さい。お申し込みお待ちしております。

| | コメントはまだありません

環境デーなごや2016

2016年9月17日

image2016年9月17日(土)、名古屋にあります久屋大通公園(名古屋テレビ塔下、エンゼル広場、久屋広場、光の広場)にて、第17回目となる環境デーなごやが開催されました。は心配されておりました台風も影響もなく、例年より訪れている方が多いように感じました。
今年のテーマを「一人ひとりのECOが未来を変える」としており、一人ひとりが自ら一人ひとりが自らECO(エコ)を意識しながら環境配慮行動に取り組んでいただけるよう、分野や主体、世代を超えて交流することで、持続可能な未来について学び合える場を展開しました。

おりがみアクションも、リゾートトラストさんのご協力のもとワークショップを開催し50名ほどの方がおりがみ体験をして下さいました。
imageimage
imageimage
明日からはブースに訪れて下さいました方をご紹介してまいります。
皆さまありがとうございました。

| | コメントはまだありません

WCC_おりがみ:竹紙でおりがみアクション!

2016年9月8日

世界自然保護会議の展示ブースは、9月2日~9日11時~17時の間は一般にも公開されています。地元のテレビなどでも中継が行われていたので、週末には地元の人々も各ブースをまわって、最新の世界の自然保護活動を学べる機会となっていました。また大人だけでなく子供たちも楽しめる参加型のブースも多くありました。

 

NASAの協賛ブースでは、葉っぱの形をした紙に自然への想いを書いて貼るコーナーがあり、みんなの想いがたくさん書きこまれていました。

2016-09-02 09.19.48

写真 2016-09-02 9 21 09

私も想いでつなごう!おりがみアクション事務局としてメッセージを書いてきました。また、おりがみのチョウをプレゼントしたら、フクロウとともに飾ってくれました!

そして、おりがみのゾウを持っている人がいるなーと思っていたところ、World Conservation Societyのブースでも、おりがみを使って普及啓発していました。

2016-09-03 14.59.10

今回は、環境にやさしい会議(Green Congress)を追及するため、「配布資料などは極力オンラインでアップして紙の消費を減らし、必要な時はFSCなど認証を得たものを使ってください。」という事前連絡がきていました。

おりがみアクションでは、中越パルプ工業より協賛いただいた竹紙を一部使用しました。かつては日本人の生活や文化に密着し、使用されていた竹が生活様式の変化や代替品へ変化したことが主な原因で、国内の竹林が管理されず放置されたままになっています。管理されない竹林はその旺盛な成長力から光を求めて森林や里山に侵食します。この問題を解決するためにうまれたのが竹紙です。竹紙の詳細は、こちら→http://www.chuetsu-pulp.co.jp/sustain/eco/about.html

9月3日(土)午前中には、オアフ島のEwa Beach小学校で先生をしているオレロさんが展示ブースで、共同出展しているジュゴン保護キャンペーンセンターのジュゴン保護について小学校で話をするのに、「ジュゴンのおりがみを折ってみんなと問題を考えてみるわ!折り方を教えて!」とおりがみアクションに参加してくれました。小学校1年生の担任をされているそうで、竹紙もクラスの人数分お持ち帰り。「生徒たちとおりがみ折ったら、写真を撮って送るからね!」と約束してくれました。

2016-09-03 14.05.01

 

| | コメントはまだありません

【タイカプ2016】ソマリノロバ・イタセンパラの折り図

2016年8月11日

11月に実施足しますタイムカプセル2016のために、おりがみ作家丹羽たい子先生にソマリノロバ・イタセンパラの折り図をご考案いただきました。
ソマリノロバ
ソマリノロバは細部まで凝っていてなかなかリアルです。
イタセンパラ
一方難易度を下げるため、イタセンパラのほうが簡単に考えていただきました。
二つともなかなか可愛いですね。
先生いつもありがとうございます。

| | コメントはまだありません

リゾートトラスト エコレポート2016

2016年8月7日

imageimage
リゾートトラストの環境活動まとめたエコレポート2016を頂きました。
今年は「Share 分かち合う、エコ活動」を軸に沢山の活動に組まれております。
image
そちらの紙面、HP共におりがみアクションの活動について載せていただきました。

エコレポートには素敵な環境理念が載っております。
折角ですので一部ですが抜粋しご紹介させていただきます。

~あしたの笑顔のために~

環境活動は「おもてなし」でもあるのではないか。
私たちはそう考えています。
事業所や施設を清掃するだけでなく周辺も清掃する。
風景が綺麗になると、心も豊かになる。
その考えを広げて進めていくと、
地球規模の環境問題への取り組みへと繋がっていくのです。
私たちにとって環境活動は決して遠くの話ではなく、
明日お越しいただくお客さまのための行動なのです。
私たちの活動には大きく2つの柱があります。
ひとつは環境を「守る」。
もうひとつは環境について「学ぶ・考える」。
いずれも従業員たちの自主的な参画を大切にしており
全社的に取り組む活動だけでなく、各事業所や施設で、
それぞれの地域に合った手法を考え実行しています。

私たちおりがみアクションの取り組みとも多くの部分で重なる考え方ですね。
リゾートトラストの皆さま、いつもありがとうございます。スタッフ一同お礼申し上げます。

詳しくはこちらからもご覧いただけます。

| | コメントはまだありません

【タイカプ2016】リゾートトラスト

2016年7月15日

image
毎年東山動植物園で続けております「タイムカプセルプロジェクト」。
COP10開催時の2010年よりご協力いただいておりますリゾートトラストさん。

毎年おりがみ隊を結成し、夏にリゾートホテルへご来館下さるお客様におりがみ教室を開いています。
imageおりがみ講師のわたたべさん・かとうさんは、毎年丁寧で優しいく華やかに生物多様性普及活動を進めて下さっています。ありがとうございます。
imageimage
また今年も、タイムカプセルプロジェクト他、さまざまな面でご支援を下る予定とになりました。

「タイムカプセルプロジェクト2016」
テーマ 生物多様性の主流化;人々や暮らしの支え

 日時 2016年11月6日
 場所 東山総合公園

| | コメントはまだありません

【タイカプ2016】東山植物園

2016年7月14日

image
毎年東山動植物園で続けております「タイムカプセルプロジェクト」。
今回は、動植物園ツアー、糸紡ぎ体験、おりがみワークショップ、とさまざまなプログラムを実施いたします。
これまで動物会館を中心にイベントをしておりましたが、今回は会場が複数に跨ることとなります。
その会場の一つ、植物園の会館では展示やワークショップを中心に計画をしております。

それぞれがバラバラの企画とならないよう「花マップを配って確認しては?」など植物園の方よりアドバイスを頂きました。

こうして、動植物と人の暮らしを一本につなぐことが今回のテーマ「生物多様性の主流化;人々や暮らしの支え」を共通認識することにつながっていくのですね。

| | コメントはまだありません


このページのトップへ