このページを印刷する
スタッフブログ

夢は人材の育成 宗次ホール 野間支配人

2018年4月22日


名古屋にありますクラッシック専門の宗次ホール、野間支配人より未来への豊富を語って頂きました。

若い音楽家たちは、大学を卒業しても演奏の場がないため、食べていく事ができず、数年経つと夢であった音楽の道を諦めてしまう。

そうなる理由は、大学では学生に演奏は教えるけるけれど、ビジネスについては教えないため、卒業後、いきなり演奏家として社会に放り出されてしまうことが一因です。

しかし、人が一人演奏家になるまでには、親御さんがたが何千万円も費用をかけ教育しており、その方たちが音楽を諦めてしまうのは社会的な損失だと僕は思います。

この世界は腕だけでコンサートに人を集められる演奏家は全体のごく1部。

それ以外の人は演奏だけでなく観客を楽しませるトークや企画力がないと、ホールから「コンサートを開いて欲しい」と、呼ばれません。

また本人がやりたいことだけやってもお客さんは楽しくないこともあります。

そこで、宗次ホールでは出演者にお客さんが喜ぶ企画や演奏前のトークなど、演出ついて教えます。

しかし、残念ながらこちらへ面談にいらした演奏家全員がホールでコンサートを行える訳ではありません。

僕たちは、演奏家の’人間性’と’やる気’を見ています。
人間性は、お客様目線があり、お客様が喜んで下さるよう考えられるような方で、方向性が同じであるか。
そしてやる気。
私は、時には2回3回、企画を突きかえす事もあります。
それで来なくなる演奏家もいます。
でも、やる気を見せた後には必ずアドバイスを差し上げます。

そうして育った演奏家はどんな場所でも喜んでいただけるようなります。
そうなった演奏家を、宗次ブランドとして様々な場所へ紹介しています。

しかし、そこにもこだわりもありらどんな仕事でも受けているわけではありません。
宗次の若手には、仕事ではない事はやらせません。
例えば、食事中の演奏や、式典の伴奏などお断りしています。

このホールはビジネスだけで、運営されている訳ではありません。

夢、ではなく目的の一つは若手の育成。
そして勿論、クラッシック音楽ファンの裾野を広げる。
それを使命としています。

| | コメントはまだありません

後ろ姿ビューティエクササイズ 伊藤由実子さんよりメッセージ

2018年4月19日

後ろ姿ビューティエクササイズ 伊藤由実子さんより、おりがみアクションへ未来へのメッセージをいただきました。

▼未来へのメッセージ
私は未来の子どもたちのために、運動を通して心と体を磨き健康で愛溢れる美しい社会に貢献したいです。

そうですね、環境を守るためには、まず自分が健康でないと。
さらに女性の美しさを通じて社会貢献活動、、、。
スタッフ頑張ります(汗)。

【伊藤 由実子さんプロフィール】

2017世界ベンチプレスM1チャンピオン
2016世界ベンチプレスM1準優勝
後ろ姿ビューティエクササイズ®︎協会理事長
YUMIKO beauty studio 代表

| | コメントはまだありません

ランドセルのおりがみ

2018年4月17日

新年度始まって2週間、写真投稿が遅くなりました。

遅ればせながら、新入学、進級のみなさま、おめでとうございます。

今年度もおりがみアクションをどうぞよろしくお願いします。

 

さて、ちょうど入学式の日に、井上先生からサプライズプレゼントをいただきました。

和紙で折ったランドセル(丹羽兌子先生の折図)を送っていただきました。

ピカピカのランドセルの一年生たち、ともだち100人できるかな~♪

| | コメントはまだありません

浮世絵きると作家 浅野裕子さんからのメッセージ

2018年4月15日

浮世絵きると作家 浅野裕子さんより、おりがみアクションへ未来へのメッセージを頂きました。

▼未来へのメッセージ

我が家には150年以上も生きている木があります。
冬の厳しい寒さにも耐え、夏のうだるような暑さもやり過ごし、強く太く根を張っている木は春には見事な美しい花を咲かせます。
人も同じだと思います。
ひどく落ち込むような事態に直面しても自分を失わず、
また、これ以上ないというような嬉しい出来事があっても
奢り高ぶることなく、
信念を持ち、強く広く根を張ることこそが
人間として素晴らしい花を咲かせることができると信じて止みません。

自分自身を大切に大切にしてください。

こうした考えがあるから浅野先生の作品はいつも恐いまでに美しいのですね。
スタッフはメッセージをいただいてから、自分はこの人生で美しい花を咲かせることができるのだろうか…と自問自答してしまいました。
いえいえ、先ずは信念を持ち、根をはることでしたね^ – ^

【浅野裕子 yuko Asanoプロフィール】

浮世絵きると作家
2007年より浮世絵をキルトで表現することを考え制作する。

世界に誇る日本の「浮世絵」に敬意を表し、布と糸で紡ぐ「きると」で忠実に再現することをコンセプトに毎年個展を開催しています。

・日本フランス現代美術世界展入選
・フランスパリ エチエンヌ・ドゥ・コーザンギャラリーにて個展

| | コメントはまだありません

ピアニスト 垣内裕子さんからのメッセージ

2018年4月10日


ピアニスト 垣内裕子さんからおりがみアクションへ未来へのメッセージを頂きました。

▼未来へのメッセージ

私たちは見えない仕組みの中で「生かされて」います。

まずこの仕組みについて、
①気づくこと

②気づいたら知ろうとすること

③よくできた仕組みには感謝して
でも
④疑問を持つことが大切だと思う。

考える力と生きていく知恵周りへの配慮と自分自身を貫くバランスの重要性を未来の子供達へ伝えたいです。

…全くその通りですね。

配慮とバランスは、大切なことだと思います。
私たち地球も絶妙なバランスの上に成り立っています。
バランスが一定の範囲に保たれている間は多少の無茶や無理もききますが、一旦崩れたら再び取るのにとても苦労します。
そのためにも他の生物に対して配慮が必要かもしれませんね。

【垣内裕子 プロフィール】

ピアニスト、ピアノ講師
音楽ホール
「カーザップラウジ」オーナー

数々の新人オーディションに合格
コンクール入賞
ソロリサイタル開催、
声楽、弦楽、合唱、
各種コンクールなど伴奏者として活動中。

2017コンクール審査員を勤める。

二児の母で子供達はイギリスに小学生から音楽留学中。

| | コメントはまだありません

フェアビーンズコーヒー 林口さんよりメッセージ

2018年4月8日

フェアビーンズコーヒー 林口 里枝さんより、おりがみアクションに未来へのメッセージを頂きました。
生まれたからには必ずいつか死ぬ。人生一回きりだから精一杯生きてみよ!生きているだけでもう本当に大変ですごい事。とても愛してる!
子どもが生きていく未来のためなら今適当な事はできないなと思います。

人生一回きり…。
確かに…。

くるくる表情の変わる林口さんに、おりがみスタッフはすっかり魅了されてしまいました。
そして精一杯生き切らなければと改めて思いました。
【フェアビーンズコーヒー】

フェアトレーディングはサステイナブルスペシャルティーコーヒー会社です。コーヒー生産国の小規模コーヒー生産者の経済的自立を促し自然環境を守るコンセプトを持つスペシャルティコーヒーの輸入・焙煎・卸を中心に業務を行っています。

取り扱うコーヒーは100%すべてが持続可能な農法で生み出され持続可能な取引にて届けられたコーヒー。フェアビーンズの天使のマークのパッケージの中はすべてのコーヒー豆がフェアトレードでサステイナブル(持続可能な)なコンセプトを持ちます。実際に現地で友好を深めた協同組合、ニカラグアのプロドコープ、グアテマラのマノスカンペシーナスなどのコーヒーを始め、アジア、中米、アフリカから様々なサステイナブルスペシャルティーコーヒーを香り高く焙煎してお届けします。

同時に国内外の社会的意識の高い事業者/フェアトレード組織の協力を得ながら、生産者の自立を促し自然環境に負荷をかけない高品質な食材を合わせてお届けしています。

http://www.fairbeans.org/

https://www.instagram.com/fairbeanscoffee

| | コメントはまだありません

cono designこのみさんよりメッセージ

2018年4月7日


cono design主催のこのみさんより、おりがみアクションへ未来へのメッセージを頂きました。

このみさんは美容師の傍、オリジナルアクセサリーを製作販売しています。

【未来へのメッセージ】
そうですね…、地球は、地球上の全生命の「お母さん」であることを一人一人が身近に感じられるような環境をつくってあげられたら良いですよね。自分の「お母さん」と同じように子どもたちが地球を尊ぶ気持ちを持てるように。

地球はお母さん…その通りですね。

このみさんのジュエリーはこちらからお買い求めいただけます。

アクセサリー全般
InstagramのDMからオーダー可能です。
www.instagram.com/cono.design

チャーム付きバーバリウム
お洒落レンタルワーキングスペース星ヶ丘
【Acchi Kocca アッチコッカ】
https://acchi-kocca.stores.jp/
専用boxにお入れしての発送になりますので大切な方への贈り物などにもぴったりです。
#salon.ammodo
#conodesign

| | コメントはまだありません

3/24おりがみアクション@天王寺動物園

2018年3月26日

春休み、桜が咲く季節となり、親子連れで賑わう天王寺動物園でおりがみアクションが実施されました。

当日スタッフが撮影したお写真はオンラインアルバムからご覧いただけます。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回は、WWF(世界自然保護基金)のEARTH HOURキャンペーン開催日に合わせての開催ということで、絶滅危惧種のコアラ、シロクマ、ユキヒョウのおりがみワークショップを行いました。
「青い地球を未来へつなぐ」をテーマに、メッセージを集めました。

現在、天王寺動物園にいるコアラは、アーク父ちゃん1頭のみですが、3/24の天王寺動物園は、いつもと違いました。おりがみコアラがあちらこちらに・・・!!

 

 

 

須磨水族園でも協力いただいた海と空の約束プロジェクトと兵庫県立大学のいきものずかんから3名の有志が駆けつけてくれて、入口で紙芝居「海と空の約束」「ゆうたくんとイヌワシ」を実施しながら、呼び込みもしてくれました。

今回も、中越パルプ工業株式会社に国産竹100%の竹紙おりがみをご協賛いただきました。いつもありがとうございます。

事前準備から当日の運営に際し、天王寺動物園、井上先生はじめご協力いただいたボランティアのみなさま、ありがとうご

ざいました。

| | コメントはまだありません

天王寺動物園でのおりがみ

2018年3月24日

3月24日、大阪にあります天王寺動物園でにおりがみアクションが実施されました。

こちらのイベントのサポートとして、日本折紙協会大阪支部の井上和子先生に協力を依頼したところ快諾くださり、さらに名古屋のおりがみ作家丹羽たいこ先生のコアラの顔の折り方に体は簡単なコップをアレンジして組み合わせるというアイディアまでいただきました。

イベント様子についてはまた後日、ブログにてご紹介させていただきます。

| | コメントはまだありません

ごはん食べてますか?

2018年3月21日

春分です。
春分は冬至と並び季節の大きな分かれ目となる日。
昼と夜の長さが同じになり、これから本格的な春を迎えます。

ソメイヨシノもちらほら咲いて来ましたね。

季節が変われば体が必要とするものも変わります。

ところで、ごはん食べてますか?

美味しいものを食べたいなら買えば早い。

でも一人では食欲が落ちたり、バランスもいい加減になりがちです。

気のおけない誰かに作って貰ったり、料理している姿をぼっと眺めているとなんとなく癒されます。
出来て来るのを待つ間に、むかし誰かに優しくされた感覚を思い出すからでしょうか?

一緒に食を囲めば、仲良くなったり、絆が深まったり。
“食”にはそういう面があると思います。

生きることは食べること
食べることは命をいただくこと、だから

“いただきます”

おりがみアクションでは、生物多様性と同時にいつも、命を頂く”食”を大切に考えています。

| | コメントはまだありません

カジキマグロとクロマグロ

2018年3月11日

いつも肉ばかりでは…でも魚は高い。
だから切り落としのカジキマグロを使い今夜は魚の甘酢あんかけに。
あんかけはボリュームが出て野菜も補えるから便利な味付けですね。

ところでこのカジキマグロはマグロといいつつスズキ目カジキ亜目 Xiphioidei に分類される魚の総称で、マグロではないんです。
ちなみにクロマグロは、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。

なんとなく「マグロ」と名前がつくから一緒の気がしていたけれど、カジキマグロならまだ食べられると、ほっと一安心。

2014年11月17日、国際自然保護連合」(IUCN)は生物の絶滅の恐れがある野生動物を評価した「レッドリスト」を更新し、太平洋クロマグロを、「軽度懸念」から「絶滅危惧2類」へとランクを変更しました。
指定が変わっだからといっても法的な拘束力はなく、すぐに食べられなくなるわけではないけれど、海洋生物資源保存管理法に基づく漁獲可能量(TAC)制度などの指南となり、各国の漁獲量制限などを通じて私たちにも影響を与えます。
“絶滅危惧種なんて遠くの話” “大型動物に限る”ような気がしていがちですが意外にもこうして私たちの食卓と繋がっているんですね。

| | コメントはまだありません

あれから7年

2018年3月10日

甚大な被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災から7年。

関連するニュースも普段より沢山流れるようになりました。

今やどの場所でも起こり得る災害。

民間や国からの物資が避難所に届くまでの時間にはラグがあり、早ければすぐにでも届くかもしれませんが、災害状況によっては頼れないかもしれません。

熊本地震では、大動脈である九州自動車道が寸断され、地震発生から5日目になりようやく物流に民間業者を入れ、空路輸送が始まりました。

物資が届くまでの期間、自分の身を守るのも大事な事。

自分と家族が自宅である程度の日数、1〜3日ぐらい生きていけるだけの水、缶詰、カンパン、そんなものを備蓄しておく必要がありますね。

この時期は私にとって、防災について考える期間です。
食品の期限をチェックして買い直したり。

食べることは生きること。
ご飯はどんな時も必要ですからね。

私は今年、こんな食品を備蓄してみました。
流行りのシリアルバーです。
シリアル、ナッツやドライフルーツを混ぜたものがバーになっています。
各社から色々な商品が発売されていますが、私は女性に人気のグラノーラ カーマンズのnuts &fruitにしました。

こちらオーストラリアの会社から販売されており保存料不使用、人口香料不使用、遺伝子組み換え不使用です。
一見、固そうですが柔らかい歯ごたえだそうですよ。
必要な栄養がぎっしり詰まり一本で165キロカロリー。

災害時に役立ちそうですが、来年まで食べずにいられるかな…?

| | コメントはまだありません

須磨海浜水族園にて第16回スマスイボランティアフェスタ

2018年3月9日

3月4日須磨海浜水族園にて第16回スマスイボランティアフェスタが開かれ、おりがみアクションが実施されました。

毎年こちらのイベントで実施していただいておりますこの企画は、ボランティアの皆さまの「子供たちが少しでも環境のことを考えるきっかけになったら」との思から実施されています。

当日のアクションには親子の方を中心に、大人26人 子ども37人と沢山の方が参加してくださいました。

写真が届きましたのでご紹介させていただきます。


皆一生懸命、真剣に、でも楽しそうに折ってくれています。


MY行動宣言もしてくださいました。

アクションと並行し、イヌワシと海空の紙芝居もブースにて実施されました。

実施後の感想としてメンバーの方より、
「おりがみアクションでの経験は、メンバーにとってとても良い学びになりました。
この経験を活かし、次の活動や来年のスマスイボランティアフェスタに繋げていけたらと思います。」との声をいただきました。

関係された団体、ボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

お写真は、flickrのほうでも近々ご覧いただけるようになります。

| | コメントはまだありません

春はもうすぐそこに

2018年3月8日

今朝、起きたらくしゃみがでました。
それも立て続けに7回。
鼻がムズムズし、鼻水も…すみません。

春はいい季節なのですが、花粉のことがあり最近は早く過ぎて欲しいと思うのが少し寂しいですね。

すっかり、お花見も行く回数が減りました。

また変化の多い時期です。
体調や精神的にキツイことがありますが、長年生きておりますと、それが生死に関わることでないなら、あまり深く考えず、とりあえず目の前のことを淡々と片付けると上手くいくように思います。

花粉と黄砂。
その二つが合わさるとアレルギーが酷くなると聞いたことがあります。

皆さんも多分、「花粉に負けないよう体を強くしなきゃ!」って思われると思いますが、敵が黄砂であるなら克服は難しく、戦わずに避けた方が良さそうですね。

| | コメントはまだありません

啓蟄に古い殻を捨てる

2018年3月6日

虫も動き出す啓蟄。
人も変化の時期ですね。

明るく暖かなこの季節に、新しいことを始めたり生活も気持ちも心機一転したくなります。

でも要らないものがあるとなかなか上手くいきませんよね。
形から入りたい私は、さまざまな申し込みは後から。
まずは捨てることから始めています。

がさがさと皮が脱げ、新しい自分になれたらいいですね。

| | コメントはまだありません

恵方巻きで、今年も無病息災に

2018年2月3日

今日は節分です。
鬼は外、福は内、そして夜は恵方巻き。
もともと恵方巻きは関西の一部地域の風習でしたが、何年か前から一気に広がり、今ではすっかり全国的に定着しましたね。

元はと言えば、芸者さんが一本をふうふう言いながら食べるのを旦那が見て楽しんだとか…。

子どもにとっては、ちょっとした遊びみたいで楽しめ、食卓をあずかる人にとっては何となく「今日は恵方巻きでいいか?」と献立を考える手間も省けます。

しその代わりと言っては何ですが、バレンタインと同様、少し商業的になった気もします。

スーパーでは一本980円
豪華な所なら2000円。
そして、閉店間際には投げ売り状態に。

お店で買っでもいいですが、家庭で作れば、海苔500円、お刺身700円、あとはきゅうりに卵…そこまで費用はかかりませんね。

それから、ローカルルールでは、
「恵方を向いて黙って食べきる!」
という約束があるそうです。
今年の恵方は南南東でしたね。

私、南南東を向いて食べていたら話しかけられ、ついうっかり「うん」と言ってしまいました。

無病息災ではなくなるのが嫌で、仕方なくもう一本食べました。
流石に短めですけどね。
キツイです。

| | コメントはまだありません

宗次ホールニューイヤースペシャル2018

2018年1月29日

1月3日名古屋市にあります宗次ホールにて伝統の魅力2018 津軽三味線コンサートが行われ、同時におりがみアクションを実施してまいりました。

おりがみは、戌年だから犬…ではなく上野動物園で産まれたシャンシャンを祝ってパンダを折りました
折り紙体験はお客様に大盛況でした。
丹羽先生ありがとうごさまいます。


こちらの折り紙飾りは丹羽先生の作品です。
干支である犬の折り紙を様々な形で作ってくださいました。


写真はココイチ番屋の創業者の宗次徳二さんです。
男前ですね。
私は、正月なのに訪問着ではなく小紋ですが、正月らしく華やな色の着物を選びました。
着物や帯はあるものですが、実は履物だけは新調したんです。^ – ^

袴のイケメンは演奏者の佐久間さん長身が稲垣さんです。

お正月からステキな演技を見せてくれました。

また来年も、コンサートを盛り上げるお手伝いができますように。

《ニューイヤースペシャル2018》
津軽三味線伝統の魅力
演奏は、佐久間翔太、稲垣淳也さん
おりがみ 丹羽たい子 河野香織

| | コメントはまだありません

新年あけましておめでとうございます

2018年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

地方によって違いはありますが、門松にはよく松竹梅、そして赤い実の南天(ナンテン)が使われます。
こうして見ると、お正月飾りに使われる草木は少し前の日本の暮らしには身近であったけれど、今では相当なお屋敷でしか見られないようになった植物が使われいますね。

使われる草木も年の瀬に庭の木を手入れし、そこで出た枝をご近所から頂いたり、配ったりして再利用していたように思います。
庭に植えられる草木も変わり、人との付き合いも希薄になり、お正月の準備にまつわる事柄の意味も親から子へと伝えられなくなり、皆、元の意味や、やり方がわからなくなってきていますね。

こちらのミニ門松は、名古屋近郊にあります竹林でにて伐採した竹を使って作りました。

門松は年神を家に迎え入れるための依り代。

松は、冬でも葉が落ちない常緑樹でもあから、生命力や長寿などの象徴、神が宿る樹木。

竹はとても生命力が強く、数年で大きくなる、真っすぐ育つ、繁栄の意味。

梅は、花が咲く季節に「始めに咲く花」。
また南天は、難を転じて幸となすと、それぞれに意味があるようです。
3本の立った竹は、節が出るように断面をわざわざ切って使うのですが、これは切り口が笑顔に見えるからだそうです。
恥ずかしながらスタッフもそこで初めて意味を知りました。

また、おりがみアククションでは放置された竹林を伐採して作られた竹紙を利用したワークショップを行います。

生物多様性だけでなく、身の回りで起こっている変化や、文化、伝統といったことについても学び、そして、お子さまだけでなく、外国の方にも一通りの文化について説明できるように(おりがみアクションのおりひめは外国語堪能)伝えて行けたらと思います。

今年も生物多様性のためにスタッフ一同頑張りますよろしくお願いします。

皆さまの2018年が、これまでの難を転じて幸福となりますよう。

| | コメントはまだありません

名古屋 東別院でのおりがみ教室

2017年12月18日

2017年12月17日、名古屋東別院の報恩講協賛行事として子ども広場と精進マートが開催されました。
子ども広場では滑車スロープやボルダリングなど大型アトラクションが組まれ、そこで子どもたちが寒さに負けず元気に遊んでいました。

養心道場ではストーブや託児スペースが完備され、まだ外で遊べない小さなお子さまが楽しめる室内の催しが行われました。
おりがみアクションの他、腕輪念珠づくり、書道ライブが行われ沢山の方が参加してくださいました。

おりがみ教室には約50名程の方が参加しぴょんぴょんがえるや東別院のマスコットキャラクター千鶴ちゃんを折りました。


他にも、パンやピザ、スイーツなどが販売されるマーケットも開催され広い境内は沢山の人で賑わっていました。

名古屋ではタイムカプセルプロジェクトなどが行われるため、平素よりボランティアさんが沢山集まります。

今回もAIAIのみなさま、水野さん親子、河瀬さんがおりがみを教えて下さいました。

おりがみを通じて皆様のお役に立って下さっています。

みなさまが健康で豊かに過ごせますよう。

おりがみ講師
河野 香織
河瀬 暁子
木下萌
戸嶋志織
鬼頭彩乃
西渕大輔
水野 ともこ
水野 りょうこ

皆さま、ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

GREEN SMILE FESTA!でおりがみ

2017年12月13日

12月10日 、知多市勤労文化会館にて命をつなぐプロジェクトによる「GREEN SMILE FESTA」が行われました。

イベントは大盛況。
当日は、48組132名のお客様が来場してくれました。
去年に引き続きおりがみアクションブースは大好評で、
お子様から親御様まで楽しむ姿が多く見られました。

命をつなぐプロジェクトの皆様には、2年連続してタイムカプセルプロジェクトをお手伝い頂いております。
また、こうしておりがみアクションの広げる活動をイベントを通じて実施していただいております。
命をつなぐプロジェクトメンバーの皆様、 ありがとうございました。

| | コメントはまだありません


このページのトップへ