このページを印刷する
スタッフブログ

原田さとみさんからのメッセージ

2018年9月21日

エシカル・コーディネーター、エシカル・ペネロープ株式会社 代表取締役 JICA中部 なごや地球ひろばオフィシャルサポーター、フェアトレード名古屋ネットワーク 代表等々、多彩な顔を持ちタレントとして括るには無理のある原田さとみさん。

2010年、なごやで開かれた生物多様性条約会議(COP10)から続くこの活動にも、
「おりがみアクション、続けねばですね。」
とご理解を頂きました。

話しかけるには敷居が高くおりがみスタッフもなかなかアクションを起こせませんでしたが、目の前に立つ本物の原田さんは、綺麗で、気さくに話し、環境について真摯に考え、提言する活動家でした。

それもまた一面かもしれませんね…。

本当の原田さんを知りたければ、こちらをご参照ください。

ホームページ
http://satomiharada.com/
フェイスブック
https://m.facebook.com/harada.satomi

| | コメントはまだありません

環境デーなごや ステージ発表

2018年9月20日

9月15日に雨天の中、実施されました環境デーなごや。
おりがみアクションは、エンゼル広場の国際自然保護連合日本委員会ブースと東山動植物園のブースの二箇所で、コアラ2020チャレンジを実施いたしました。

また、午後1時からは出演者PRタイムにて、命をつなぐプロジェクトの皆様とともに、毎年東山動植物園にて実施しておりますタイムカプセルプロジェクトの告知と、コアラ2020チャレンジについてご説明をいたしました。

なごや 吉本の芸人、アッパー&カットさんにいじられながらみっくんも頑張ってアピール!
アンクラウンさんの「コップが10」というお約束のボケにも「いやいや」とつっこみながら答えていました。
生物多様性条約会議COP10とコップが10個の掛け合わせ、2010年…よく聞きましたね(笑)

写真左から
おりがみアクション事務局
河野 香織
命をつなぐプロジェクト
光野 弥貴(ミツノ ヒロキ)
西尾 泰彦(ニシオ ヤスヒコ)
小鹿 友聖(コシカ ユウセイ)
里中 正直(サトナカ マサナオ)

| | コメントはまだありません

環境デーなごや2018でのコアラチャレンジ

2018年9月16日

市民・事業者・行政の協働のもと、よりよい環境づくりに向けての行事として2000年からはじまりました環境デーなごや。

おりがみアクションも今回で6回目の参加となります。

今年は、東山動植物園と学生団体 命をつなぐプロジェクトの協力のもと、コアラ2020チャレンジを実施し、約100名の方に生物多様性について学ぶきっかけを作ることができました。

国際自然保護連合のブースでは命をつなぐProjectの

 光野弥貴、中村 陸、藤井 頌大 さんが、活躍して下さいました。

東山動植物園のブースでは、なごやボランティアの石川恵美さんが東山の方と協力しコアラチャレンジを実施しました。

こうして集まったコアラのおりがみは29体。

タイムカプセルプロジェクトとコアラ2020チャレンジの告知で大きな成果は、名古屋のタレント原田さとみさんに、国際自然保護連合とコアラの現状について知って頂くことができたことです。

美人ですね。

ニュースマンの石塚元章さんにも「良い企画ですね」と感想を頂きました。

コアラチャレンジを番組のネタにしてくれる…かもしれません。

中日メディアブレーン社長からも「アイデアが良い」とお褒めいただきました。

また環境情報誌Risa編集長には、ラジオアナウンサーさんにコアラ2020チャレンジについてお伝えいただきました。

そして、今年もステージ発表を実施しなごやの皆様に東山でのタイムカプセルプロジェクトとコアラチャレンジについての告知をいたしました。

平和だからこその祭典ですね。

またステージでの様子など、順次伝えてまいります。

| | コメントはまだありません

湘南平塚あゆみ保育園で、コアラチャレンジをしました

2018年9月12日

2018年9月12日、湘南平塚あゆみ保育園にて、おりがみアクションのおり姫こと石黒とともに「コアラ2020チャレンジ」がおこなわれました。

今回は、2歳児クラス〜年長さん合わせて約40名が参加してくださいました。

園児の中には、オーストラリアで今進行している環境の劣化やそれによるコアラの困窮や、ユーカリのこと、タスマニアンデビルについて知ってるお子さんもいて、反応がすごく良かったです。

そして、わたしたちといきものたちのためにできる5つのことについても話しました。
最後に「みんな、5つともやってみるー?」と問いかけたら、みんな手を挙げてくれました!
まだみんな純真で無垢な笑顔、この笑顔と絶滅危惧種のいきものたちがいつまでも生き続けられるように願わずにはいられません。

野生のコアラは減っていて、絶滅危惧種に指定されていますが、東山動植物園で、たくさんのおりがみコアラと出逢えることを楽しみにしています。

今回、石黒が使用したパワーポイントのデータ「コアラを折る前に知ってほしいこと」は、おりがみコアラ2020チャレンジをする前にちょっとお話していただくネタが満載です。
ご協力いただける団体のみなさま、ご希望があればお送りできますので、origami★iucn.jpまでお問い合わせください。
お問い合わせの際は、★を@に変えてメールを送信してください。

あゆみ保育園のみんな、ありがとうございました。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメントはまだありません

コアラが導いてくれた運命

2018年9月12日

この愛らしい少女は、おりがみアクションのおり姫こと、国際自然保護連合日本委員会 おりがみアクションのプロジェクトマネージャー 石黒です。

「最近、私が12歳のとき家族と行ったオーストラリアで撮影した、コアラ抱っこの写真を探していました…。

なぜならオーストラリアでの経験が、私の環境問題への関心をより高めるきっかけとなっていたからです。

そして今年はコアラ2020チャレンジ があります。

 

ついに、実家の古いアルバムから、この一枚を見つけましました。

こうして改めて見るとこれも何かの運命であるように感じます。

おりがみコアラ2020チャレンジの成功には、みなさまのご協力が不可欠です。
どうぞよろしくお願いいたします。」

| | コメントはまだありません

東山動植物園でコアラ2020チャレンジのチラシを配布しています。

2018年9月7日

現在、実施中のコアラチャレンジ2020のチラシを東山動植物園の動物会館と植物会館にて配布しています。

来園された方は、是非、チラシの裏にあるコアラのおりがみにチャレンジしてみてね!

| | コメントはまだありません

コアラ2020チャレンジ in風の丘

2018年9月7日

9月6日、名古屋あります介護施設風の丘にてコアラ2020チャレンジが実施されました。

12名の方が、チャレンジに参加くださり、2体のコアラを東山へ寄贈してくださいました。
みなさんの笑顔が溢れる素敵な施設でした。
また、チャレンジをよろしくお願い申し上げます。

| | コメントはまだありません

クリーニングじゃぶじゃぶにてコアラ2020チャレンジ のチラシを配布

2018年9月6日

クリーニングじゃぶじゃぶ光が丘店にて、現在実施中のコアラ2020チャレンジのチラシを配布しています。

お近くの方は、是非、チラシを手に入れ裏にあるコアラのおりがみにチャレンジしてみてね!

| | コメントはまだありません

富士見台フランテにてコアラチャレンジのチラシを掲示

2018年9月6日

富士見台フランテにて、現在実施中のコアラチャレンジ2020のチラシを掲示していただいております。

お近くの方は、是非、チラシを見てコアラのおりがみにチャレンジしてみてね!

| | コメントはまだありません

フィール光が丘店にてコアラチャレンジのチラシを掲示

2018年9月6日

フィール光が丘店にて、現在実施中のコアラチャレンジ2020のチラシを掲示していただいております。

お近くの方は、是非、チラシを見てコアラのおりがみにチャレンジしてみてね!

| | コメントはまだありません

おりがみコアラ2020チャレンジよくあるお問い合わせ

2018年9月5日

東山動植物園タイムカプセルプロジェクト2018の一環として、おりがみコアラ2020チャレンジを開催中です。

野生のコアラは、絶滅の危機に瀕していますが、今年の東山動植物園にはおりがみコアラがたくさん見られることを期待しています。

よくある質問を以下のページにまとめました。

http://www.cop10-origami.com/koara2020challenge/faq/

ご確認の上、その他ご不明な点等ございましたら、おりがみアクション事務局までお問い合わせください。
事務局のメールアドレス origami★iucn.jp ※★を@に変えてメールを送信してください。

| | コメントはまだありません

特定非営利活動法人愛知人形劇センターにチラシを置いていただきました

2018年9月2日

名古屋市にあります特定非営利活動法人 愛知人形劇センターにコアラ2020チャレンジのチラシを置いてもらえることになりました。

副理事長西村様ありがとうございました。おりがみコアラ2020チャレンジにもぜひご参加ください。今後ともどうぞよろしくお願いします。

特定非営利活動法人 愛知人形劇センターホームページ
http://aichi-puppet.net/

| | コメントはまだありません

倉庫88にチラシを置いていただきました

2018年9月2日

名古屋市にありますシェアスペース88キッチン「倉庫88」に、おりがみコアラ2020チャレンジのチラシ置いていただだけることになりました。

南さまありがとうございました。皆様と是非、おりがみコアラ2020チャレンジにも挑戦してみて下さい。

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/souko88price/

| | コメントはまだありません

竹紙おりがみでパンダとたけのこをつくろう!開催報告

2018年8月27日

夏休み最後の週末、2日間連続の猛暑に見舞われた東京ですが、クールスポット・日本橋三越本店にて、「竹紙おりがみでパンダとたけのこをつくろう!」が開催され、おりがみアクションも協力いたしました。

にじゅうまるメンバー&おりがみアクションパートナーの中越パルプ工業株式会社のお声かけで実現したこの企画、ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

2018-08-25 21.46.25

主に、七五三のお着物を選んで頂いたお客様に、おりがみを楽しんで、いきものたちとわたしたちのためにできる5つのことの中から自分ができることにシールを貼っていただきました。

2018-08-25 21.46.32

2018-08-26 13.58.56

何度も館内放送でイベントのご案内されていたので、その他のお客様も多くお立ち寄りいただきました。

2018-08-26 11.05.14

みなさんとても上手にかわいいパンダをつくりあげていらっしゃいました。

「パンダ見たことあるかな?」と質問すると

「あるある~^ー^」と笑顔で答えてくれたり、「シャンシャン人気がもうちょっと混雑が落ち着いてから・・・」というお答えがあったりしました。

また、「パンダさんは何を食べるか知ってるかな?」ときくと、「ササ!」がダントツの答えでした!

みなさん大正解!ですが、「たけのこも食べるんだよー(今回、たけのこも折ることができるから折ろうか?)」と付け足すと「え?そうなの?!たけのこも折るーーー!」と2つチャレンジしてくださることも多かったです。

そして、お子様だけでなく、里山シリーズを見て、おりがみに没頭されるお父さんお母さんも!

2018-08-26 13.20.57

限られた時間ではありましたが、国産竹100%の竹紙でデザインされた美しいおりがみ「MEETS TAKEGAMIのORIGAMI」を楽しく折りながら、生物多様性(いのちのつながり)の大切さを感じていただくひと時になりました。

2日間の総数は91宣言になりました!

オンラインでも5つのことMy行動宣言ができます。簡単なアンケートつき。

詳細はこちら→http://undb.jp/spread-action/entry/

この度は、貴重な機会をありがとうございました。

| | コメントはまだありません

東別院 夏まつり 愛知高校 ボランティア

2018年8月22日

8月18日、東別院 夏まつりで行われたコアラ2020チャレンジに、愛知高校の河野皓星くん(写真 左側)がボランティアとして参加してくれました。
(写真 右は大同大学 中村 陸(ナカムラ リク)氏)

「初めての経験でしたが、分からないことは大学生のお兄さんが教えてくれ僕にもできました。
またコアラが絶滅危惧種であると知りませんでした。
機会があればまた是非参加させて下さい。」

大変優しく教えて下さりありがとうございました。またよろしくお願いにします。

中村さんにフランクフルトまで奢ってもらっていました。

| | コメントはまだありません

東別院 夏まつり 命を繋ぐプロジェクト

東別院 御坊 夏まつり 2018

2018年8月20日

名古屋にあります東別院にて8月18日と19日の二日間にわたり、御坊 夏まつりが行われました。

境内で行っています催し物として、盆踊りや華やかなステージイベント、また無料で遊べるキッズ・福祉ブース、被災地支援コーナーでは、ボランティア活動をしている団体が出店しました。

名古屋でおりがみアクションの普及活動しております河野香織さんらによりワークショップが開催され、


現在私たちが推進しておりますおりがみコアラ2020チャレンジを実施してくださいました。

2日間で延べ200名もの方がブースへお越しくださったそうです。

またコアラ2020チャレンジで折図を提供してくださた作家の丹羽兌子先生もご参加下さいました。

皆さま、ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

千羽鶴の再利用への取り組み

2018年8月18日

人々が願いを込めて折った千羽鶴。

しかし最近度々おこる災害の地では「大変な時に、しかも今必要な物を受け入れている只中、すぐには必要でない折り鶴は場所を取り困る」という論争をネットを中心に目にしますね。

また当初は届いた気持ちを喜んでいても、しばらくして、気持ちがこもっているだけに困ってしまうそうです。

また、そうした場には集中して千羽鶴が送られてくるため、処分に多額の税金がかかっているという現実も目を背けてはいけないと思います。

原爆の中心地であった広島や長崎には、今でも世界中から千羽鶴が送られてきており、長崎原爆資料館に寄贈される折り鶴は、年間500㌔にもなります。

ではその千羽鶴をどう処理しているのでしょう?

以前は一定期間展示したのみに焼却処分されてきました。

しかし近年、平和利用への取り組みとして長崎市では長崎原爆資料館(長崎市平野町)にささげられた千羽鶴(折り鶴)の一部を名刺台紙やカレンダー、封筒などにリサイクルしています。

また広島市のNPO法人「おりづる広島」でも、グリーティングかーどなどへの利用が広がっています。

おりがみアクションもこの秋、皆さまからコアラおりがみメッセージを集めています。

資源を大切に考える私たちの責務としておりがみをどう利用するか考えていかねばなりません。

そうした中、先例である折り鶴リサイクルの取り組みを見習い、またそれら活動を応援していきたいと思います。

写真 フリー画像pakutasoより

| | コメントはまだありません

封筒のおりがみ

2018年8月14日

8/9 名古屋市にあります介護付有料老人ホーム風の丘にて河野香織さんによりおりがみアクションが実施されました。
7名の方がご参加下さり封筒と色鉛筆のおりがみを折りました。
使ったおりがみは株式会社マルワのユニバーサルデザインの大きなおりがみです。

「折りやすい」と、参加者の皆さんに好評でした。
「できた封筒は使えます」と伝えると「何を入れたらいい?」と聞かれたので「お手紙でも入れてください」と答えました。
でも皆さん「お盆だから孫が来る。だから1000円入れる」言う方がいて2つ3つと作ってくれました。

来月はコアラを予定しています。

| | コメントはまだありません

立秋と秋風

2018年8月7日

暦の上で立秋は「秋に入る日」とされており、生活の変化として、この日を境に以前を暑中見舞い、以後を残暑見舞いと区別したりしています。

しかし近年は立秋でもまだまだ暑さが続くため、とても秋とは思えないですね。

でも夜風は少し冷え、これから熱帯夜も和らぐのではないかと思います。

秋の風といえば、江戸時代の俳人松尾芭蕉が、

物言えば唇寒し秋の風

という句を残しています。

気候変動と違い人の感じ方は変わらないのですね。
よく言われる口は災いの元という解釈より、私は侘しさや無念の思いを感じます。
自分の価値観でしか見れない人、相手を間違いと断ずる人、考えに凝り固まっている人、押し付ける人、相手の気持ちを考えられないからみんな酷い酷いと相手を責める。

勘違いが多いのは自分の価値観に疑問を持たないから。

そういう人に何を言っても唇が寒くなるだけですよと、粋な芭蕉さんは俳句で仰っているのでしょうね?

芭蕉さんが優しいからでしょうか?
それとも芭蕉さんも秋風に例えて本当の気持ちを解って欲しかったのかもしれませんね。

おりがみ

| | コメントはまだありません


このページのトップへ