このページを印刷する
スタッフブログ

東別院こどもカフェ(東別院版「子ども食堂」)

2019年5月25日

 
5月25日、名古屋にあります東別院にて、東別院版の子ども食堂、「こどもカフェ」が行われ約50名の親子が参加してくれました。

遊び広場では、ダンボール迷路や缶バッジづくり、おりがみ教室など実施されみんな楽しく過ごしていました。

おりがみ教室では丹羽兌子先生と河野香織さんにより、コマ、手裏剣、朝顔、ペンギン等々さまざまな伝承おりがみが折られました。

その後のおつとめは、みんなで手を合せて正信偈同朋奉讃を読みます。

お寺に集まる子は小さくてもお経や節まわしを覚えているようで、それが今の時代にとても良いことだと思いました。みんなの声がハーモニーを奏で少しだけ厳かな気持ちになります。

次にメインとなるSAKURA CAFÉさんのおいしい食事。
今回のメニューは、牛丼、サラダ、お味噌でした。

がっつりスタミナご飯に、どの子もみんな満足そうにしていました。

大人には嬉しいアイスコーヒーも。

遊んだ後みんなで一緒に頂けば、お腹だけでなく心もいっぱいに満たされますね。

荒山 優氏(名古屋市昭和区・恵林寺)によるお話は、「食べ物を食べること」についてみんなで考えました。

「みんな、今日食べたものは何ですか?」

「牛丼 」「サラダ」「お味噌汁 」

「みんなが食べた物はみんなのどこに入りましたか?」
「身体 !」「胃袋 !」

「食べ物は体に入り、胃の中でバラバラに分解されて、’えいよう ‘になっていきます。
えいようになった食べ物は、身体の隅々に組まなく行き渡るにはどれくらい時間がかかると思いますか?」

「1秒 」「1時間 」「24時間!」

「長い時間をかけて、身体を回っていき、なんと30日間の時間がかかるそうです。

目に見え無いけれど、気づかないけれど、支えてくれるはたらきを仏教では、’いのち’といいます。
他にもお母さんからかけてもらった優しさ、お友達といて楽しいこと、みんなを支えてくれる働きみんな’いのち’といいます。
だからみんなは、支えてくれるひとに
「ありがとう」「ごめんなさい」と優しい言葉をかけて下さい。
それが、周りの人の’いのち’になります。ありがとうございます。」

素敵なお話でした。

荒木先生、東別院の皆さま、ありがとうございます。

私たち、おりがみアクションも「いのち」に感謝し大切にしていきます。

| | コメントはまだありません

国際生物多様性の日(5月22日)に寄せるアントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ

2019年5月22日

国際生物多様性の日(5月22日)に寄せて、アントニオ・グテーレス国連事務総長よりメッセージが発表されました。
そこで以下に国連ホームページより抜粋させていただきます。
是非、ご覧になってください。

個々の生物種から全生態系に至るまで、生物多様性は人間の健康と福祉に欠かせません。私たちが飲む水、私たちが食べる食料、そして私たちが吸い込む空気の質はすべて、自然界を健全に保つことに依存しています。私たちが持続可能な開発目標(SDGs)を達成し、気候変動に取り組むためには、健全な生態系が必要です。地球の気温上昇を抑えるために必要な気候変動軽減の37%は、生態系から得られるからです。

ところが、世界の生態系はかつてない脅威にさらされています。「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)」が新たに発表した権威ある、憂慮すべき報告書は、人類史上例を見ない速さで自然界が劣化していることを明らかにしています。1990年以来、森林伐採により、大気中に排出された有害な二酸化炭素の吸収に役立つ2億9千万ヘクタール以上の森林が消えています。100万種の動植物が絶滅の危機に瀕する一方で、減少または乱獲の状態にある海洋漁業資源は全体の90%を超えています。

全世界の人々にとって、その影響は深刻なものとなるでしょう。生物多様性と生態系をめぐる現状の悪い動向が続けば、SDGsのターゲットのうち、80%の達成に向けた前進に支障が生じると見られます。そのような事態を許すことはできません。

今年の国際デーでは、環境軽視が食料の安全保障や公衆衛生に及ぼす影響を取り上げます。世界では今、食料システムの崩壊が進んでいます。数十億人が適切な栄養にアクセスできていません。生産された食料のおよそ3分の1は失われるか、無駄になっています。私たちが食物を育て、加工し、輸送し、消費し、そして廃棄している現状は、生物多様性の喪失の最大の原因となっているだけでなく、気候変動も助長しているのです。

この傾向を逆転させ、本質的な変革を促進するため、早急に行動せねばなりません。解決策はあります。私たちが環境に悪影響を及ぼす実践をやめ、私たちの食料システムを多様化し、より持続可能な生産と消費のパターンを促進すれば、国際保健を改善し、食料の安全保障を改善し、気候変動へのレジリエンスを高めることができるからです。

今年の「国際生物多様性の日」にあたり、私は各国政府、企業、市民社会など、すべての人に対し、かけがえのない地球の脆弱で極めて重要な生命の網を保護し、これを持続可能な形で管理するため、緊急対策を取るよう強く求めます。

| | コメントはまだありません

アトリエサチおりがみ教室から紫陽花のおりがみ

2019年5月21日

、関市にあるカルチャーハウスアトリエサチさんより、おりがみ写真が送られてきました。
5/21日におりがみ教室が実施され、講師を務めている河野香織さんが生徒さん4人とともに紫陽花とカタツムリの壁掛けやハガキを作られました。

梅雨も近づきましたね。

こうしておりがみにより季節を感じることが何より嬉しいこの頃です。

頑張ってください。

撮影:アトリエサチ オーナー犬飼幸子さま

| | コメントはまだありません

中日メディアブレーン ローズ倶楽部

2019年5月7日

2019年5月7日、いきいきシニアライフを応援する読者会員の集い「ローズ倶楽部」にておりがみ教室が開催され、おりがみアクションスタッフ河野が講師をしてきました。
今回は梅雨も近いため紫陽花とカタツムリを額にしました。

そして、講座参加者が講師役となり伝承のコマ、箱ウサギなどを折りました。

シニア世代を前に、スタッフはいつも以上に緊張しています。
それが伝わるようで、教え方について、生徒さんのはずの皆様から「こうしたらいい」「あそこはああしたらいい」と教えて貰っています。
優しいですね。

いつも終わったあとは、汗をたっぷりかいています。

参加してくれる皆様が、今後、地域の生物多様性を伝えるおりがみ講師として活躍することを目指し、講座には、国際自然保護連合 日本委員会 想いで繋ごう!おりがみアクションが協賛しています。

| | コメントはまだありません

柏餅などのおりがみ

2019年4月30日

4月9日、岐阜県関市にありますカルチャーハウスアトリエサチにて折り紙教室が開かれ、子供の日にちなみ、鯉のぼりの箸袋や柏餅などおりがみがおられました。


令和初めてとなる子供の日に、こんな可愛いい箸袋で祝えたら、きっと話題も膨らみますね。
みなさまが、健やかに育ちますよう。

| | コメントはまだありません

兜のおりがみ

2019年4月28日

今年のゴールデンウィークは、10連休と大型連休ですね?
みなさんいかがお過ごしですか。

名古屋にある介護施設より、兜の折り紙のお写真をご投稿いただきました。

昭和、平成、そして令和を生きる5名の可愛らしいおばあちゃんが折ってくれたようです。

子供の日もまもなくですね。
良いゴールデンウィークをお過ごしください。

| | コメントはまだありません

エコパルなごやにておりがみ

2019年4月21日

名古屋市環境学習センター エコパルなごや特別ワークショップ、国際自然保護連合日本委員会 想いで繋ごうおりがみアクション事務局の河野香織さんによる、おりがみ教室 「竹紙で作る里山の動物」には、午前は7名、午後は37名の方が来てくださり、国産の竹100%できたおりがみで国蝶 オオムラサキとキツネを折りました。
休憩後、もっと折りたい方に残っていただいて、ウサギ、ミミズク、タヌキを折りました。
たくさんの方に楽しみながら環境について考えていただけました。

予定人数に10名に対して多くの方が参加してくださり、急遽、職員の方3名がご協力下さりおりがみを教えてくれました。

みなさん元々、環境教育をされている方ばかりなので、本当に即戦力となって下さいました。

名古屋市環境局の皆様
竹でできたおりがみを提供下さいました、中越パルプ工業株式会社の皆様
ありがとうございました。

「中越パルプ工業株式会社による竹からできた折り紙」
MEETS TAKEGAMIのORIGAMI(竹紙のおりがみ)で、里山の様々な生きものを折りながら、社会的課題の解決や、生物多様性保全について触れ、学ぶきっかけをつくります。

#おりアク

| | コメントはまだありません

中日メディアブレーン ローズ倶楽部

2019年4月4日

中日メディアブレーン運営、いきいきシニアライフを応援する読者会員の集い「ローズ倶楽部」は、シニア情報紙『ローズ』から発足したローズ倶楽部では、「いきいきシニアライフ」を合言葉に、年間約120(※)の講座やイベントを開催しています。 ※2017年度実績

シニア世代の方々に、指先を使うことが脳トレになると、おりがみが再び人気を集めており、4月3日より ローズ倶楽部にて、おりがみ講座が開講されました。

講座には、国際自然保護連合 日本委員会 想いで繋ごう!おりがみアクションが協賛しています。

参加してくれる皆様が、今後、地域のおりがみ講師として活躍することを目指しています。

2時間の講座で、10名が様々なおりがみに挑戦します。

春らしいく兜や、お団子、鯉のぼりの箸袋を折りました。

おりがみアクション事務局の河野 香織さんと鈴木理恵さんが講師を務めましたが、人生の先輩に当たる方に、とても緊張したそうです。

次回は、皆様にもっと上手く教えられるといいですね。

| | コメントはまだありません

高蔵寺ニュータウン未来展

2019年4月2日

3月16.17日、愛知県春日井市高蔵寺にあります、グルッポふじとうにて高蔵寺ニュータウン未来展が行われ、沢山の方が来場してくれました。

おりがみアクションも17日、体育館に出店し生物多様性の大切さと伝統文化であるおりがみを皆さまに伝えました。

| | コメントはまだありません

カルチャーハウス アトリエサ おりがみ体験会

2019年4月1日

3月16日、関市にありますカルチャーハウス アトリエサチにて講座の体験会が行われ、その中の1つにおりがみ教室も行われました。

参加された方の中には、海外で活躍されてきたもおみえになり、日本の伝統文化であるおりがみは好評でした。

キリっとしたこちらの女性、現在も中国ビジネスを手がけておられるそうです。

日本の伝統が二国の架け橋となれたら嬉しいですね。

| | コメントはまだありません

おりがみの吊るし飾り

2019年3月13日

3/12岐阜県関市にありますカルチャーハウスアトリエサチにておりがみ教室が行われ、おりがみによる「吊るし飾り」が作られました。

吊るし飾りは、豪華なひな人形が買えない庶民が布の端切れを利用し作ったことが始まりとされています。

ピンクのリリアーンでタッセルを作り、アクリルビーズの重りを通して、和紙の鶴、風船、時計草を飾りました。

大変ですが、美しい作品ですね。

吊るし飾り。
物を大切に扱う心。
子どもの健やかな成長。
昔から、日本にはおりがみアクションの大切にしていることが暮らしに根付いていたのですね。

| | コメントはまだありません

3·11と春の嵐

2019年3月10日

私たち日本人は、日常のふとした瞬間、そこにはいない誰かを感じ、自分の心情と重ねてしまいます。
「あの時の言葉は、どういう意味だったのだろう?」と何年何十年、問いかけたり、
「今の私は、あの人からどう映るのだろう?」と我が身の変化を見直したり。

特にもう声を聞くことのできない故人を思う時は切なくて。

どうにかして存在を感じようと、亡き人を偲ぶ日の天候からそれを得たいと思います。

折しも3·11は春の嵐となりましたね。

今、どのような気持ちが皆さんの胸中に流れているのでしょうか…。

生きているので頑張れる分だけ頑張ります。

おりがみ

| | コメントはまだありません

ひな祭りのおりがみ

2019年3月3日

今日は、名古屋市にある老人ホームでおりがみ教室。
五人の方が参加下さいました。

先月は、ホームにてインフルエンザ発生のため、おりがみはお休みでした。
そのため「久しぶりだね」と言って頂けました。

おりがみは和紙で雛人形を作りました。
そこに、切り紙で桜や梅を蝋梅の花を切り、飾り付けてもらいました。

少しでも賑やかしになればと始めた私のおりがみトークも、随分場慣れしてきました。

光源氏の話や梅桜や蝋梅について少しづつ触れてみます。
花粉症についても。

すると、みんな静かに聞いて話題に気が向いたら、付け加えたり自分の昔の話をしたり、、、なんとなく教室らしい雰囲気が醸し出せるようになりました。

笑いはまだ無理ですが…

みなさん少し楽しそうにしています。

誰かにこうして楽しみを作り出した分の何分の1にかでも、いつか冴えない私の人生に返ってきますよう。

おりがみ

| | コメントはまだありません

東別院こどもカフェ(東別院版「子ども食堂」)

2019年2月24日

本日は東別院版「子ども食堂」東別院こどもカフェが行われ、約50名の親子が参加されました。

おりがみ教室では、和紙でひな人形を作りました。
スタッフとして河瀬さんと筧さんも手伝ってくれました。

その後のおつとめは、みんなで手を合せて正信偈同朋奉讃を読みます。
お経はまるで歌のよう。
良い声がお腹の底に響き、なかなか落ち着きます。

次にメインとなるSAKURA CAFÉさんのおいしいミートスパゲッティ。
麺はモチモチ。
トマトソースは甘く酸っぱく暖かく優しい味わいでした。

みんなで一緒に頂けば、特別美味しく感じられますね。

荒山 優氏(名古屋市昭和区・恵林寺)によるお話は、「食べ物を食べること」についてみんなで考えました。

「食べ物を食べるのは何のため?」と質問すると、
「身体を調子を良くするために」
「生きるために」と答えました。

私たちが食べ物を食べるのは生きるため、食べないと死んでしまう。
生きているのは食べ物を食べているから。
元気なのは 食べ物に手伝って貰っているから。
今食べたミートソースとサラダもそう。
私たちは、もともと生きていたものに助けられています。
だから、「ありがとう」と感謝します。
その気持ちを込めた特別な言葉が
「いたたきます」と、
「ご馳走さまでした」
です。

食べ物だけでなく、人も私たちを支えてくれています。

この働きのことを仏様は「えん」という言葉で表しています。

食べ物が体を作るように、言葉は心を作ります。

だから、そばにいる大事なひとにかけてください。
「ありがとう」
「ごめんね」という言葉を。

素敵なお話でした。

私たち、おりがみアクションも「えん」に感謝し、今日は大切な人に「ありがとう」、
「ごめんね」という言葉をかけてみます。

| | コメントはまだありません

お裾わけとお福分け

2019年2月18日

 

最近お邪魔する所、お邪魔する所でチョコを頂きます。

バレンタインのお裾分わけですね。
でも、なぜ裾(すそ)を分けるのでしょう?

裾とは着物の裾のことで着物の一番下の所ですね。

地面から舞う砂や埃も付くし、しゃがめば引きずる、座れば擦れます。
かなり汚れてる場所ですし、言葉が生まれた時代でしたらきっと多くのすそは、擦り切れていたことでしょう。

そこから、下の方=重要でない部分を人に与えるということで、「お裾分け」という言葉が生まれたようですよ。

「あら、やだ、そんなつもりで使っていないし、もうそんな失礼な言葉を使えないわ」なんて方には、

「お福分け」なんて言葉があるみたいです。

これなら使ってもみんなが幸せになれそうですね。

| | コメントはまだありません

食品ロスとSDGs

2019年2月10日

スーパー、コンビニ、外食チェーンが次なるブーム作ろうと打って出た節分の「恵方巻き」。
けれど消費者は、もう無理に作った記念日には踊らなくなってきています。

「食品ロス」が問題視される中、ネットやSNSではブームの盛り上がりより無駄な廃棄の方が却って記事にされています。

楽しみは大事ですが、私たちは資源やコスト、税金の無駄にも敏感です。

何より食べ物は大事しなければなりません。

消費者は賢いです。

これだけ資源の無駄、食品ロスを生み出している企業から、いずれ気持ちが離れていくでしょう。

何より、企業が無駄となるコストを、どこか別の商品に上乗せしているかもしれないと思うようになれば、価格に対する信頼が揺らぎ購買意欲も削がれいきます。

結局、社会意識の高まりに敏感でない企業は淘汰されていく。

リサイクルするにもエネルギーが消費されるから、大量に作らない事が一番ですね。

もし、恵方巻の廃棄ゼロを打ち出して、完全予約制にした企業があれば、私は購入や投資をしたいと思います。

SDGs14 「海の豊かさを守ろう」

| | コメントはまだありません

生物多様性条約COP14結果報告

2019年2月9日

2/8 名古屋国際センタービルにて、環境省自然局生物多様性推進室 中澤圭一氏と国際自然保護連合日本委員会道家哲平氏より、生物多様性条約COP14結果報告が行われました。
中澤氏からは、閣僚級ハイレベルセグメントについて、ビジネスと生物多様性フォーラム COP14結果概要とサイドイント報告。

道家氏からは、ポスト2020に関するCOP14・アジア太平洋会合の報告がありました。

その中でいくつかのキーワードがありました。
○じぶんごと化が重要
◯セクターごとの連携ごこれから必要
◯国連生物多様性10年のせいかリレーについて言及

生物多様性わかものネットワーク矢動丸琴子氏より、COP14での活動と世界のわかものの動向が話されました。

その経験を元に、今後日本でポストカードキャンペーンを実施します。
様々な場所でポストカードを活用しユースの声を集めCOP15へ届けます。

こうした動向を踏まえ今後のおりがみアクションの活動に繋げていきます。

| | コメントはまだありません

エコパルなごや 竹紙のワークショップを開催します。

2019年2月5日


環境に優しい、竹紙の折り紙(MEETS TAKEGAMIのORIGAMI)を使い里山の生き物(6種類)を折ります。
【日時】
4月21日(日)
10:30〜11:00
14:30〜15:00
【場所】
名古屋市環境学習センター エコパルなごや

【内容】
竹紙の折紙-SATOYAMA-を使い、里山の生き物(6種類)を折ります。

【定員】各回 25名
【費用】500円(竹の折り紙代)

主催 エコパルなごや おりがみアクション事務局 中越パルプ工業株式会社

| | コメントはまだありません

とらや × ひな祭りおりがみ企画

2019年2月5日

東京ミッドタウン ガレリア地下1階 とらや にて、 只今、第41回企画展「ORIGAMI」(~3/25)が開催されています。
また、期間限定の和菓子「紙」が販売されており、さらに手提げ袋までおりがみの虎となっております。

大きなお雛様が展示され、折って持ち帰れる無料体験コーナーもあります。
皆さま是非足を運んでみてください。

【写真・情報提供 】

宮本 眞理子(みやもと まりこ)
おりがみアーティスト・日本折紙協会認定講師・日本折紙学会認定指導員
古典伝承折紙や現代創作折紙の技法で、様々な素材を用いながら、実用性や装飾性を持たせた作品づくりが特徴。
特に、和紙を素材にした作品づくりは20年以上となります。

| | コメントはまだありません

節分のおりがみと恵方巻き

2019年2月3日

2月3日は「節分(せつぶん)」ですね。
節分とは本来、「季節を分ける」節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬と年に4回ありました。
立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようですよ。


写真の節分おりがみは、1/8に関にありますアトリエサチにて折り紙講座が行われた時のものです。
星型のユニット折り紙は、チクチクする柊の代わりに鬼退治をしてくれるためだそうですよ。

さらに近年節分で問題となっている恵方巻の廃棄問題。

今年は少しでも減ると良いですね。
スタッフは手作りし、近くに暮らす母にも持っていき家族の無病息災を願いました。
地球に暮らす全ての生き物の暮らしが守られますように。

| | コメントはまだありません


このページのトップへ