このページを印刷する
イベント情報

タイカプ2018 コアラ2020チャレンジ速報

2018年11月11日

11月11日(日)秋晴れの中、名古屋にあります東山動植物園にて国際自然保護連合 日本委員会と東山動植物園が毎年共催で実施しておりますCOP10振り返りイベント 「タイムカプセルプロジェクト2018」が開催されました。

おりがみコアラ2020体を越え、記念写真!ハイ、こまちー!

★目標達成

「おりがみコアラを2020体あつめよう!」というチャレンジには、多くの方が協力くださり全国より、おりがみがあつまりました。

そして当初目標としておりました2020体を上回る2526体のコアラが集まりました。

会場には291名の方が足を運んでくださいました。

重ねて皆様ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

こちらのおりがみは、東山動植物園とエコパルなごやでの掲示後、中越パルプ工業のご協力のもと、リサイクルされます。

| | コメントはまだありません

前日準備&タイムカプセルの点検結果

2018年11月10日

いよいよ明日は、11月11日。

1111と1が4つで、何の日か知っていますか?いろんな○○の日がありますが、折り紙の日でもあります。

東山動植物園タイムカプセルプロジェクト2018のイベント内で、おりがみコアラ2020チャレンジの最終日として、成果発表を予定しております。ご来園おまちしております!

前日準備のスタッフで、本日までに東山動植物園に送ってくださったコアラの集計を行いました。

速報値ですが、1808個のおりがみコアラが集まりました。

今回のチャレンジの目標は2020個!!達成まで212個!!!!!

明日、ご来園およびご持参の皆様、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

以下の団体のみなさまからのコアラ、確かに受け取りました。ご協力いただきありがとうございました。

折遊かごしまの会員 と 折夢くらぶ 合計12名

社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会 とぶき育成園
大和高田市立 菅原小学校
日本折紙協会熊本支部「火の国」18名
命をつなぐPRPJECT

 

※明日以降もご協力いただいた皆様を順次ご紹介させていただきます。

 

2010年に埋めたタイムカプセルの様子も点検。

タイムカプセルを製作してくださった株式会社成田製作所の小嶋さまが毎年、ボルトなどを点検してくださっています。本日はおりがみアクションプロジェクトマネージャー石黒も同行しました。

今年も異常なしでした!点検ありがとうございました。

撮影協力:小嶋寛

 

タイムカプセル開封まで・・・あと少し・・・その詳細はまた相談してこちらのページでもお知らせいたします。

閉園間際のコアラ館は、もぐもぐお食事タイムのコアラたちが活発でした。

撮影協力:久留宮

本日は、命をつなぐPROJECTから3名の応援があり、無事に前日準備を終えることができました。ありがとうございました。

 

| | コメントはまだありません

湘南平塚あゆみ保育園で、コアラチャレンジをしました

2018年9月12日

2018年9月12日、湘南平塚あゆみ保育園にて、おりがみアクションのおり姫こと石黒とともに「コアラ2020チャレンジ」がおこなわれました。

今回は、2歳児クラス〜年長さん合わせて約40名が参加してくださいました。

園児の中には、オーストラリアで今進行している環境の劣化やそれによるコアラの困窮や、ユーカリのこと、タスマニアンデビルについて知ってるお子さんもいて、反応がすごく良かったです。

そして、わたしたちといきものたちのためにできる5つのことについても話しました。
最後に「みんな、5つともやってみるー?」と問いかけたら、みんな手を挙げてくれました!
まだみんな純真で無垢な笑顔、この笑顔と絶滅危惧種のいきものたちがいつまでも生き続けられるように願わずにはいられません。

野生のコアラは減っていて、絶滅危惧種に指定されていますが、東山動植物園で、たくさんのおりがみコアラと出逢えることを楽しみにしています。

今回、石黒が使用したパワーポイントのデータ「コアラを折る前に知ってほしいこと」は、おりがみコアラ2020チャレンジをする前にちょっとお話していただくネタが満載です。
ご協力いただける団体のみなさま、ご希望があればお送りできますので、origami★iucn.jpまでお問い合わせください。
お問い合わせの際は、★を@に変えてメールを送信してください。

あゆみ保育園のみんな、ありがとうございました。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメントはまだありません

コアラが導いてくれた運命

2018年9月12日

この愛らしい少女は、おりがみアクションのおり姫こと、国際自然保護連合日本委員会 おりがみアクションのプロジェクトマネージャー 石黒です。

「最近、私が12歳のとき家族と行ったオーストラリアで撮影した、コアラ抱っこの写真を探していました…。

なぜならオーストラリアでの経験が、私の環境問題への関心をより高めるきっかけとなっていたからです。

そして今年はコアラ2020チャレンジ があります。

 

ついに、実家の古いアルバムから、この一枚を見つけましました。

こうして改めて見るとこれも何かの運命であるように感じます。

おりがみコアラ2020チャレンジの成功には、みなさまのご協力が不可欠です。
どうぞよろしくお願いいたします。」

| | コメントはまだありません

特定非営利活動法人愛知人形劇センターにチラシを置いていただきました

2018年9月2日

名古屋市にあります特定非営利活動法人 愛知人形劇センターにコアラ2020チャレンジのチラシを置いてもらえることになりました。

副理事長西村様ありがとうございました。おりがみコアラ2020チャレンジにもぜひご参加ください。今後ともどうぞよろしくお願いします。

特定非営利活動法人 愛知人形劇センターホームページ
http://aichi-puppet.net/

| | コメントはまだありません

東別院 御坊 夏まつり 2018

2018年8月20日

名古屋にあります東別院にて8月18日と19日の二日間にわたり、御坊 夏まつりが行われました。

境内で行っています催し物として、盆踊りや華やかなステージイベント、また無料で遊べるキッズ・福祉ブース、被災地支援コーナーでは、ボランティア活動をしている団体が出店しました。

名古屋でおりがみアクションの普及活動しております河野香織さんらによりワークショップが開催され、


現在私たちが推進しておりますおりがみコアラ2020チャレンジを実施してくださいました。

2日間で延べ200名もの方がブースへお越しくださったそうです。

またコアラ2020チャレンジで折図を提供してくださた作家の丹羽兌子先生もご参加下さいました。

皆さま、ありがとうございました。

| | コメントはまだありません

タイムカプセルプロジェクト2018 命をつなぐプロジェクト学生実行委員会

2018年7月29日


今年でタイムカプセルプロジェクトに3回目の参加となる、命をつなぐプロジェクト学生実行委員会のメンバーとおりがみアクションのプロジェクトリーダー石黒との会合が行われました。
取りまとめてくださるのはNPO法人 日本エコロジスト支援協会 東京事務局 門脇徹さん。
終始和やかな中でこれまでの経緯についての説明や今年度のプログラム、その中でみなさまにお願いしたいことなどついて話し合いが行われ、2018年度も協力要請を受けて下さることになりました。

おりがみアクションには生物多様性の普及とともに環境教育ができる人材の育成といった目的もがあり、その中で若い皆様の参加はとても嬉しいです。
頼りにしています。
よろしくお願いします。



| | コメントはまだありません

タイカプ2017 総合プロデューサー 石黒玲子

2017年11月18日

盛況に終わった2017年度のタイムカプセルプロジェクトin東山、お天気にも恵まれ1日の参加者合計は200名ほどとなりました。

今企画全体を指揮したのは、おりがみアクションのおり姫こと国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)石黒玲子。

タイムカプセルプロジェクトは、たくさんの協力してくださる団体・企業&個人の皆さまのおかげで継続、実施できております。
今年は初挑戦の大きな紙の準備が試行錯誤でしたが、無事に完成して、参加者のみなさまの笑顔に出会えて、ゴリラの危機についても知って頂くことができて、努力が報われたかなと思います。

石黒玲子

2010年よりおりがみアクションプロジェクトマネジャーとして、国内のみならず世界各国の国際会議やイベントで生物多様性普及のためアクションを実施。

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 ジャパニーズチップ

2017年11月17日

タイムカプセル2017が行われた11月11日はいただきますの日、箸の日でもあり、食べ物に感謝するという点で理念を同じくするJAPANESE TIPの皆様にご協賛いただきました。

JAPANESE TIP
(ジャパニーズチップ)
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)だと見立てる試みです。

https://japanesetip.localinfo.jp/
生物多様性があってこそ命を頂く事ができるため、おりがみアクションはJAPANESE TIP活動をこれからも応援していきます。

東山ガーデンテラス

約1週間、ポスターでのイベント広報協力と箸を使うお客様へJapanesetipの呼びかけに協力してくださいました。

http://www.gt-higashiyama.jp/sp/index

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 学生団体AIAI

2017年11月17日

AIAIの皆様は、名古屋を中心に活動する学生団体です。
先月実施いたしました名古屋市科学館からの繋がりでタイムカプセル2017にご協力くださいました。

細やかな気配りと明るい接客で、折り紙のサポート、呼び込みなどを中心に仕事をしてくれました。
次回行われます名古屋ハウジングセンターのイベントにもご協力いただく予定です。

AIAIの皆様ありがとうございました。
19日もよろしくお願いします。

今日の参加メンバー

河合毬愛
鬼頭彩乃
松元克憲
渡辺優吾

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 命をつなぐプロジェクト

2017年11月17日

去年に引き続きタイムカプセルプロジェクトにご協力してくださった命をつなぐプロジェクト。
命をつなぐプロジェクトは、知多半島を中心に企業と共同し環境活動をしている学生団体の皆さんです。
今年も力仕事、呼び込み、おりがみサポートなど幅広く作業をしくれました。


皆様ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

命をつなぐプロジェクトからの参加者

玉代勢 孝斗(たまよせ たかと)
中村 陸(なかむら りく)
小鹿 友聖 (こしか ゆうせい)
中村 弥貴(なかむら ひろき)
里中 正直(さとなか まさなお)
筧 紗南(かけひ さな)
吉川 菜々(よしかわ なな)

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/inotitunagu/

報告記事

イルカのおりがみをご投稿いただきました!

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 おりがみ講師 石川恵美

2017年11月16日

  • おりがみアクションの、なごやボランティア石川さん。
    いつも沢山の方におりがみのサポートをしています。
    なごやのおりがみアクションに居なくてはならない存在です。

石川恵美
おりがみアクション ボランティア
講師として名古屋市科学館 宗次ホール 東別院などで年間5回から10回のアクションをこなす。

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 おりがみ作家 丹羽兌子先生

2017年11月15日

COP10からの繋がりで、おりがみアクションへ折り図の製作や講師としてご協力をいただいております丹羽兌子先生。
今回も沢山の方におりがみの指導をしていただきました。
どんな折り紙も、どんなお客様がいらしても対応してくれるため、先生がいてくださるとスタッフは皆「心強い」と言います。

丹羽兌子(にわ・たいこ)
パピヨン折り紙
多数のおりがみに関する著書を出版

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 中越パルプ工業株式会社 西村さん

2017年11月15日

中越パルプ工業株式会社では毎年二万トンもの竹を紙にしています。
今回制作した大きなゴリラの紙も、こちらの日本の竹100%を原料とした竹紙を使用しました。

会社の環境への取り組みとして、「里山物語」を通じて協業するみなさんにも里山のことを知っていただいています。

また、証明書付間伐材をクレジットで最大限活用した里山への寄付金付印刷用紙「里山物語」も製造販売しています。
※今回のイベントで使用する竹紙おりがみは、全て中越パルプ工業株式会社より提供していただきました。
http://www.chuetsu-pulp.co.jp/
またタイムカプセルにも同社提供の竹紙やカラークラフト紙のメッセージおりがみがたくさん保管されています。

中越パルプ工業株式会社 西村修

2010年に行われたCOP10の頃より、竹紙の取り組みを伝えながら、社会的課題の解決のために自分できることを実践しています。社会を変えるには自ら考え行動する人が増えることだと考え、そのためにも小さい子にやる気スイッチを作る活動をしていきたいと考えています。

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 成田製作所 小嶋さん

2017年11月14日


COP10開催中および前後に皆様からいただいた沢山のおりがみメッセージを2020年まで送るため、おりがみアクションへタイムカプセルを製造寄贈くださいました(株)成田製作所さん。
そちらの小嶋寛さんは、毎年タイムカプセルをこの時期に点検してくださっています。

当日は、今まさに点検してきたばかりのタイムカプセルの様子をプロジェクターにて私たちに見せてくれました。

また、タイカプ2017ではカメラマンとして活躍して下さり、その写真は、現在オンラインアルバムみんなのおりがみ写真にアップされています。

タイカプ2017 成田製作所 小嶋さん


_MG_5567

(株)成田製作所 小嶋寛さん

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 リゾートトラスト株式会社より

2017年11月14日

リゾートホテルにおける持続可能な観光の事例紹介

リゾートトラスト株式会社は、会員制リゾートホテルホテルエクシブなどを展開している会社です。
私たちは観光のためホテルに来館されるお客様に、おりがみアクションを展開しています。
おりがみアクションを通じて、家族づれやお子さまたちに楽しく生物多様性について学んで頂いています。

2010年のCOP10の際には客室におりがみのメッセージバードを置き、そちらにメッセージを書いてもらっていました。2011-2020 年の10年間が国連生物多様性の10年となり、継続して展開しています。

渡辺嘉子さんよりメッセージの紹介
「自然にあふれた地球であって欲しい」
この他にもいくつかのメッセージ紹介していただきました。

企業としての環境貢献は、おりがみアクションだけでなく、地域を大切にするため地域清掃や観光地清掃、フットパスなど推進しています。
また、富士山の砂礫地帯を緑に変える植樹活動や、ホテルではレインフォレストアライアンス認証コーヒーを提供し、熱帯雨林を守る活動をしたり、食事に地域食材を使い地産地消を推進し、さらにエコレポートで普及をしています。

仁尾成男さん 渡辺嘉子さん
リゾートトラスト株式会社

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 IUCN-J佐藤真耶より

2017年11月14日


タイムカプセルプロジェクト2017に寄せて

国際自然保護連合は、非常にシンプルに言えば、自然を守る活動をしている団体です。活動として有名なものは、「IUCNレッドリスト」という絶滅危惧種を評価するリストの作成や、世界自然遺産の評価に関わっていることなどが挙げられます。 今日、11月11日は、箸の日・おりがみの日などの記念日です。更に今年2017年は、国連が定める「開発のための持続可能な観光の国際年」とされています。「地域の人達が幸せに暮らしながら、ずっと続けていける観光は何だろうか?」ということをみんなで考え、広めていく年になっています。

佐藤真耶
国際自然保護連合日本委員会 事務局スタッフ

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 ゴリラの話 東山上野吉一さん

2017年11月13日

ゴリラのはなし
現在野生のゴリラの生息数は、ニシローランドゴリラ 12万5000頭、マウンテンゴリラ750頭。
かつての状況から比べると数パーセントに減っている。
その理由は、内戦、森林伐採、焼畑、といったことからゴリラが住んでいる森を切り出しているから。
また、ゴリラは食用にもされているところがある。
現地の人が食べるだけでなく、珍味として食用にされる事も、絶滅に拍車をかけている。

わたしたちも関係がないわけではない。
いまや多くの人がもつ携帯電話などに使用する希少金属を取るため緑が失われていることも一因になっている。
私たちの何気ない行動がゴリラに大きなインパクトを与えているのである。
そのため、質の良いものを見極めながら、利用する事が大切。
生き物環境を守ることを理解してリサイクルを推進し、日常生活から私たちもゴリラの生息地を守ることにつながる。

東山動植物園企画官 上野吉一

P1330308

| | コメントはまだありません

タイカプ2017 両生類の話 飼育員の藤谷武史さん

2017年11月13日

11月11日に東山動植物園で行われましたタイムカプセルプロジェクト2017。

 

今回の目玉の1つである生物多様性わくわく講座。

まず始めは東山動植物園 飼育員の藤谷武史さんによる「名古屋の希少な両生類」

 

 

湿潤や乾燥がセットでなければならない

哺乳類、水場、飲み水があればいい。
鳥類は、飛ぶことができる。
魚類は、水場だけあれば良い。
両生類は、いろんな環境が必要で、水場と陸場がセットでなければならない。

ない・ない・ない
両生類には身を守るものがない。
爬虫類や哺乳類のように鱗や毛がない。
だから温度変化や乾燥に弱い。
卵には殻も羊膜もない。
オタマジャクシに手足の生えたほんの小さなかえるから始まる。
「ない・ない・ない」とても弱い生き物である。

両生類の多くが絶滅危惧種
日本にいる両生類は82種。
環境省レッドリストによると、その中の28種が絶滅危惧種。

名古屋の両生類も減少している。
名古屋市レッドデータブックによると、両生類10種類の内、8種類が絶滅危惧種である。

このような厳しい野外の両生類の現状ついて、クイズを交えて分かりやすくお話して下さいました。

東山動植物園 飼育員 藤谷武史
現在、両生類の飼育を担当しています。

| | コメントはまだありません

タイムカプセルプロジェクト2017①

2017年11月12日

2017年11月11日(おりがみの日、箸の日、いただきますの日)に、名古屋にあります東山動植物園にてタイムカプセルプロジェクト2017が開催されました。

おりがみの日は、1980年に一般社団法人日本折紙協会が制定しました。

今回、当プロジェクトは、一般社団法人日本折紙協会に「後援」を頂き、午前10時から、理事の半田丈直先生のリードで、ちびっ子たちが一緒に巨大な竹でできた紙(提供:中越パルプ工業株式会社)でおりがみゴリラを製作しました。今回のゴリラ作図は、土戸英二先生です。

大きすぎて初めは持ち上げるのも一苦労。
そこはボランティアのお兄さんお姉さんがお手伝いしました。
集まった沢山のお子様が「アイロンアイロン」と丁寧に折筋をつけながら大きな折り紙からゴリラの顔を作りました。
最後にマジックで顔を描き完成。
それがこちら!

東山の人気イケメンゴリラ、シャバーニに似てるかな?
スタッフの試作品も含めて3頭の竹紙おりがみゴリラ、こちらの作品は1ヵ月間、ゾージアム向かい休憩室内に展示してあります。
皆様、ぜひ見に来てくださいね。
また明日から、順次タイカプ2017についてお伝えして参ります。

【半田丈直先生】
一般社団法人日本折紙協会理事
多数のおりがみ絵本や講座を実施されています。

| | コメントはまだありません


このページのトップへ