このページを印刷する

国連生物多様性の 10 年とは

2010 年 10 月、愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第 10 回締約国会議(COP10)で、世界的に生物多様性の損失に歯止めがかからない現状を踏まえ、2011 年以降の新たな世界目標である『愛知ターゲット』が採択されました。この目標の達成に貢献するため、NGO から日本政府に働きかけ COP10 議長国である日本の提案を受け、2011 年から 2020 年までの 10 年間が、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の保全と持続可能な利用に向けて取り組む
『国連生物多様性の 10 年(United Nations Decade on Biodiversity)』とされました。
世界の UNDB の取り組みは、こちら→生物多様性条約事務局ウェブサイト(http://www.cbd.int/2011-2020/)
そして、 日本国内のさまざまなセクターが参画する国連生物多様性の 10 年日本委員会(UNDB-J)が2011 年 9 月に立ち上がりました。
UNDB-J ウェブサイト(http://undb.jp/)


このページのトップへ