同ハラって何?どんな意味?使い方や具体例をわかりやすく紹介!


新型コロナウィルスの蔓延に伴って当たり前になっているマスク着用生活。

最近、マスクをつけるよう促すのは「同ハラ」!という声が聞かれるようになってきたんです。

ん?「同ハラ」って何?初めて聞いたけどどんな意味なの?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は

  • 「同ハラ」って何?どんな意味?
  • 「同ハラ」の使い方や具体例は?

について詳しくみていきたいと思います。

目次

「同ハラ」って何?どんな意味?

イメージ

「同ハラ」とは一体何のことなのでしょうか?

同ハラ=同調ハラスメント

のこと。同義語では「同調圧力」ともいうでしょうか。

同調圧力の意味を調べてみると

同調圧力(どうちょうあつりょく 英: Peer pressure、ピア・プレッシャー)とは、地域共同体や職場などある特定のピアグループ(英: Peer group )において意思決定、合意形成を行う際に、少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指す。

wikipediaより

と説明されています。つまり「少数派を多数派に合わせるように圧力をかけること」と解釈できます。

日本人の気質として「周りの人と一緒がいい」「ちょっとでも人と違うと白い目で見る」といったところがありますよね。

自ら周りと同調することは「同ハラ」ではありませんが、無意識のうちに同調させる空気ができている場合は同調ハラスメント、つまり「同ハラ」になるようです。

「同ハラ」の使い方や具体例は?

「同ハラ」という言葉はどういう場面で使うのが適切なのでしょうか?

具体例とともに説明していきたいと思います。

使い方は?

イメージ

「同ハラ」とはどういう場面で使う言葉なのでしょうか?

同ハラ=同調ハラスメント=同調圧力でしたよね。

10人のうち9人、1000人のうち999人など、マジョリティ(多数派)がAという行動を取っていた時、マイノリティ(少数派)である1人がBという行動を取りたくても、暗黙のルールとしてAをさせるような雰囲気がある。

そんな同調圧力を感じられる時に「同ハラ」という言葉を使います。

具体例は?

イメージ

「同ハラ」の具体例として「マスク」を挙げてみましょう。

新型コロナウィルスの蔓延に伴ってマスクを着けて生活することが当たり前の世の中になりました。

そんな中、マスク着用義務を強いることは同ハラだ、という声があるんです。

  • 小さい子供の窒息懸念
  • 夏の熱中症懸念
  • 病気等による着用不可

など、マスクを着けるべきかどうか議論がある場面や、そもそも病気等によってマスクを着けられない人もいますよね。

しかし、マスクを着けていないと白い目で見られる空気感がどこに行ってもあり、絶対につけなくてはならないという強制観念に襲われるそうなんです。

それが「同ハラ」だという意見があるようです。

「同ハラ」って何?まとめ

ここまで「同ハラって何?どんな意味?使い方や具体例をわかりやすく紹介!」と題して、「同ハラ」という言葉の意味や使い方などをご紹介してきました。

あまり聞きなじみのない言葉ですが、近年増えている「○○ハラスメント」の一種ですね。

周りの空気に飲まれて何の考えもなしに「同ハラ」が行われるのは考えものです。

もし周りと違っている状況に直面したら、まずはその理由を確認してみるのがいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる