柚葉はチャンネル&登録者を購入!?再生数が不自然すぎると話題に


YouTuberの柚葉さんが、動画サイトの人気ジャンル「ゆっくり茶番劇」の商標権を取得したと発表し、大炎上していますね。

その柚葉さんのYouTubeチャンネル登録者数は22万人なのですが、それがチャンネル再生数と合わずに不自然だと話題になっているんです。

アカウントを買ってる?!との声がありますが、どうやらチャンネル&登録者を購入したのではないかという噂があるんです。

そこで今回は

  • 柚葉にチャンネル&登録者購入の疑惑
  • 実際に購入した?根拠は?
  • 世間の声

について詳しくみていきたいと思います。

目次

柚葉にチャンネル&登録者購入の疑惑

YouTuberの柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」を商法登録し、大炎上しています。

そんな柚葉さんのYouTubeチャンネルに対して、ある疑惑が出てきているんです。

柚葉氏のYouTubeチャンネルは登録者数を購入している疑惑があります

柚葉さんの騒動前のチャンネル登録者は22.6万人でしたが、その大半がチャンネル&登録者の購入によって集められたという疑惑が出てきたのです。

柚葉さんのチャンネル登録者数はチャンネル売買を通して増えたのか、次の章で具体的に見てみましょう。

柚葉はチャンネル&登録者を実際に購入した?根拠は?

柚葉さんのYouTubeチャンネルの登録者数がおかしいと話題になっていますが、どうやら実際にチャンネル&登録者を購入したようなんです。

購入したと思われる根拠とあわせて、早速みていきたい思います。

根拠①SNS上で売買履歴を発見

今回柚葉さんについてTwitter上では多くの投稿が出ていますが、その中にこんなツイートを発見しました。

何らかの方法で登録者20万人超のチャンネルを入手し、自分のチャンネルとしていることが発覚

こちらのツイートをみていくと、現在の柚葉さんのチャンネルURLと、あるアーカイブに残っていた元チャンネルのURLが一致したというのです。

元々他のユーザーが使っていたチャンネルを、柚葉さんが自分のものとして使っている可能性があるということですね。

また、この返信ツイートを見ると、柚葉チャンネルの運営会社である柚葉企画は「運営委託契約制度」というビジネスを謳っており、運営権譲渡契約が既に5件成約したと公開しています。

チャンネル売買したってこと・・・?

一方でこんなツイートも。

元チャンネルは外国籍のもので、元々のチャンネル登録者数は23万人いたものの、現在の登録者数は22万人まで減少。

22万人もいる、のではなく、22万人まで減っちゃった、んですね・・・。

こちらのツイートを見ても2月に一気に減っていますね。

根拠②総再生数と矛盾

柚葉さんがチャンネルを買ったと考えられるもう1つの理由は、登録者数に対する総再生数が矛盾していることなんです。

このツイートを見るとわかるように、柚葉さんのチャンネルは、登録者数22.6万人に対して総再生回数が約22万回。

登録者数より再生回数の方が少ないよ・・・。

一度も動画を見ることなくチャンネル登録した人が6000人近くいるというのは明らかに違和感がありますね。

2022年5月16日AM0時の柚葉さんのチャンネルサムネイル

現在は「ゆっくり茶番劇」の商標登録の一件で炎上し、その対象動画が40万回再生されているので、再生回数は図らずも伸びています。

柚葉の登録者数に対する世間の声

柚葉さんの登録者数がおかしいことに対して、SNS上でも違和感を訴える声が多数あがっています。

チャンネル登録者数に対して総再生回数が大きく伸びることは多々あると思いますが、下回るという状況はなかなか考えにくいですよね・・・。

柚葉さんがどんな方法でチャンネル登録者数を伸ばしたのか、その真偽は本人のみぞ知るところですが、騒動が大きいだけになんだかもやもやが晴れません・・・。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる